記事

川口春奈のYouTubeが人気、宮迫博之との違いは?

川口春奈は超人気YouTuber

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に暗雲が立ち込めている。初回は視聴率19.1%だったが、回を追うごとに右肩下がりで第4話は13.5%に。

「沢尻(エリカ)さん(33)の降板で放送開始が遅くなってしまったことが響いているのかもしれない。代役を務める川口春奈さん(25)は、初の時代劇にもかかわらず堂々とした演技で評判もいいのですが」(NHK関係者)

 その川口には、もう一つの顔がある。実は彼女、超人気YouTuberなのだ。

 1月31日にYouTuberデビューしたばかりだが、2月2日に公開した「実家でお母さんに会ってきた!」という動画は、公開から10日で500万再生を突破。川口が長崎・五島列島にある実家に帰省する様子を自撮りしたもので、おじやを作ろうとして「お米炊かな~」と長崎訛りで話したり、スーパーで買い物をしたり……他愛のない内容に思えるが、〈ネギが東京に比べて安いことに喜んでるのとか、超可愛かったです〉〈この完全に自然体な姿が親近感湧いて良いね〉など絶賛コメントが相次いでいる。

 ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が語る。

「川口さんのYouTubeには芸能活動に活かそうという打算が一切感じられず、テレビとは違うネットならではの視聴者へのサービスや善意が伝わってくる。

 その点、テレビと同じノリを持ってこようとした宮迫(博之)さんが『ネットを下と見下している』『結局テレビに戻るまでのつなぎだったのか』、などと批判されたのとは対照的。ネットは、“素の自分”をいかに見せられるかも大事なんです」

 大河も視聴率アップのために、川口演じる斎藤道三の娘・帰蝶を美濃から長崎に“帰省”させてみては?

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

あわせて読みたい

「宮迫博之」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  4. 4

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  5. 5

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  6. 6

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  7. 7

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。