記事

民間でやってしまう、それもできるところから

この30年間で、なにもかも国まかせ、国に頼り放しといった傾向が、どんどん強くなっている。

年金や医療保険あるいは介護の分野だけではない。 生活に密着した、それこそあらゆる分野で国の関与を求めている。

甘えの構造が、日本中あちこちではびこっているわけだ。 このままで良いとは、とうてい思えない。

早い話、国やら地方財政の赤字拡大が如実に物語っている。 とりわけ、国の予算をみるに、もう限界に近い。

自分でやれることは、できるだけ自分の責任でやってしまう。 そういった、自助の精神と覚悟を強めないと、そのうち大変なことになると危惧したくなる。

その点、米国のNPOは面白い存在となってきている。 NPOといっても、ピンキリだが、ピンの方のNPOはすごいことをやっている。

民主主義の欠点は、票につながるかどうかを最優先した大衆迎合政治に陥りやすいことだ。

その点、民間で意識を高めたところは、いくらでも政治のできないことを補っていける。

たとえば、長期視野に立って人々の生活や環境を、どう改善していくか。 それも、できるところから手を付けていく。

そういったプロジェクト案に、一部の地域で多くの人たちが賛成し、その事業に寄付などの資金が集まる。 もう、それだけで動き出せる。

米国のNPOでピンに位置づけられるところは、住民の同意を得て住民の資金を動員しながら、社会事業をどんどん進めていっている。

これだと、反対とかが多いところは置いてきぼりを食らわせるだけのこと。 賛同した人たちと、どんどん前へ進んでいける。

この考え方は地域経済活性化に、いくらでも応用できる。 わかった人たちから、さっさと動き出せばいいのだから。

あわせて読みたい

「NPO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  3. 3

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  7. 7

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

  10. 10

    植松死刑囚が風俗嬢に残した言葉

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。