記事

「世界の子どもは有害なネット広告の標的」、専門家が警告


[ジュネーブ 19日 ロイター] - 国連の支援を受けた約40人の専門家チームが19日、「世界の子どもの未来」と題したリポートを発表した。子どもと若年層はソーシャルメディアを通じ、ファストフードやたばこ、アルコールなど有害な商品の宣伝広告にさらされているとして規制を求めた。

このチームは、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)および医学誌ランセットが召集した。

リポートの執筆を率いたユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のアンソニー・コステロ教授は、広告業者はまた、ゲームを通じて得た子どもたちの情報を世界的なハイテク企業に販売していると指摘。「子どもたちには、毎日電話で広告の爆撃にさらされたり、データを盗まれたりしない権利がある」と述べた。

また、「世界の有害な広告は、子どもたちを標的にしている。特に、砂糖やファストフード、たばこ、アルコール、賭博など、子どもの成長と健康に影響するものの広告がそうなっている」と述べた。そのうえで、若者たちを「不正な個人情報利用」から保護するため、業界に規制をかけるべきとした。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  5. 5

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  6. 6

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  7. 7

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。