記事

橋下徹「日本政府はウエステルダム号の5人をなぜ見捨てたか」

1/2

新型肺炎問題で寄港拒否が相次いだクルーズ船問題。この件で橋下徹氏が最も憤るのは、日本人5人が乗船していたオランダ船籍の船ウエステルダム号への日本政府の対応である。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(2月18日配信)から抜粋記事をお届けします。

カンボジア南部シアヌークビルで、クルーズ船「ウエステルダム」号から下船する乗客。=2020年2月15日、カンボジアシアヌークビル - 写真=AFP/時事通信フォト

(略)

日本は、いざというとき本気で自国民を守ろうとしないのか……

ダイヤモンド・プリンセス号への日本政府の対応や船の状況が連日報道されているが、さらに僕が気になったのは別のクルーズ船「ウエステルダム号」への対応と状況だ。ウエステルダム号は船内感染の疑いのため、太平洋の沿岸国5カ国から入港を拒否された。

8日に那覇港に寄港予定だったが、日本政府も6日に受け入れを拒否した。

そこでウエステルダム号は進路を変え太平洋をさまよいながら、最終的にカンボジアのシアヌークビル港に13日に寄港することができた。

実は、このウエステルダム号には、日本人5人が乗船していた。

僕はこの報道を聞いて、心底悲しくなった。やっぱり日本政府は、日本という国家は、いざというときに本気で自国民を守ろうとしないのか、と。

確かに最終的には、日本人乗客はシアヌークビルから日本に帰国した。しかしそれは結果オーライの話であって、はじめからカンボジアがウエステルダム号の入港を認めていたわけではない。どこにも寄港が決まっていない中で、日本政府は日本人が乗っているウエステルダム号を太平洋に放り出したのだ。

日本政府は横浜のダイヤモンド・プリンセス号の対応でいっぱいいっぱいになっていたのだろう。そこにさらなる感染疑いのある大型クルーズ船がやってきたら、もうお手上げだ。だからとにもかくにも日本の港に寄港させたくない、という日本政府の気持ちはわかる。

先にも述べたが、危機対応の鉄則は、自分が抱える危機の範囲を小さく狭くすることなので、ウエステルダム号を日本で抱えないという判断は適切だ。

しかし、乗客である日本人、自国民の保護は全く別の話だ。ここは日本政府、国家として絶対に譲ってはならない行動原理だ。

外務省はクルーズ船での「安否確認」をなぜしなかったか

海外で紛争や災害、大規模事故が発生すると、在外日本大使館が真っ先にやることは日本人の安否の確認だ。今回のウエステルダム号は、太平洋沿岸国に寄港を拒否されているという異常事態にあり、まさに紛争、災害、大規模事故に匹敵する状態ではないか。

寄港を拒否するにしても、日本政府がまずやらなければならないのは、ウエステルダム号内の「日本人の安否確認」だ。いつも日本人の安否確認を真っ先にやっている外務省が今回それをやっていなかったのであれば、日本人の安否確認の作業が形式的なものになってしまっていたのではないか。また船のことなので自分たちの所管ではないと考えてしまったのか。

(略)

新型肺炎感染に対応する全省庁横断組織の立ち上がりが遅かったのも災いした。

本来は、このようなときにこそ、安倍政権はもちろん与野党含めた国会議員が、「ウエステルダム号内に日本人はいるのか!?」という意識を持たなければならないし、一納税者である僕は、国会議員にそのような意識を絶対に持ってもらいたかった。

(略)

官僚は、論理、法律、公平性、安定性が行動原理の核となるが、政治家の行動原理の核はパッション=熱だ。今の日本の国会議員に、「日本人を何が何でも守る」というパッション=熱が本当にあるのか。

(略)

政府の役人は目の前の対応でいっぱいいっぱいになり、ウエステルダム号の中の日本人確認まで思いが至らなかったのかもしれない。しかし、国会議員が700人以上もいる中で、「ウエステルダム号の中に日本人はいないのか? 確認したのか? 日本人がいるなら、是が非でも助け出せ」という声がまったく上がらなかったというのであれば情けないことだし、一国民としてあまりにも悲し過ぎる。それは日本の国会議員たちに、「日本人を守る」という意識が血肉になっていない証だ。普段、口にしている「国民のために」というのは、上っ面の言葉にしか聞こえない。

ウエステルダム号の寄港を拒否したのは危機対応上、ある意味やむを得ない。しかし、そうであれば、まずは船内の日本人の安否確認を早急にすべきだった。そして日本人が存在するということであれば、それこそ自衛隊に救出活動を指示すべきだった。

法的根拠はあいまいかもしれないが、新型肺炎対策では法的根拠があいまいなまま、かなりのことをやってきている。ウエステルダム号からの日本人救出の話で、厳格な法的根拠の話を急に持ち出す必要も理由もない。災害対応に準じて自衛隊に救出指示をすればいいだけだ。

まあ後付けであーだこーだ言うのは簡単なことだけど、今後の参考のために、ウエステルダム号から日本人を救出するためにはどうすればよかったのか、あえて後付けで考えてみる。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。