記事

金正恩が新型コロナで思い知った「本当の弱さ」と深刻な挫折

北朝鮮は16日、「光明星節」(金正日総書記の生誕記念日)を迎えた。金日成主席の生誕記念日である「太陽節」(4月15日)と並び、北朝鮮の体制にとって最も重要な記念日のひとつだ。

例年なら、中央記念報告大会や忠誠の宣誓集会など大規模な行事が開かれてきたが、今年は新型コロナウイルスを警戒し、大規模な行事は中止されたもようだ。金正日氏が死去(2011年12月)して以来、北朝鮮が慶祝行事を中止するのは今年が初めてだ。

北朝鮮が「中止」したのはこの日の慶祝行事だけではない。

朝鮮労働党は2019年12月28日から31日まで、中央委員会第7期第5回総会を開催。金正恩党委員長は7時間にわたって行った「歴史的な報告」で、非核化を巡る米国からの対話の呼びかけについて「時間稼ぎ」だと断言。「対話をうんぬんしながらも朝鮮を完全に窒息させ、圧殺するための挑発的な政治的・軍事的・経済的悪巧みをさらに露骨にしている」と非難した。

そして、「誰も手出しできない無敵の軍事力を保有し、引き続き強化していくのはわが党の揺ぎない国防建設の目標である」と述べ、「戦略兵器の開発もより活気を帯びて推し進めるべきである」と主張。続けて「世界は遠からず、朝鮮民主主義人民共和国が保有することになる新しい戦略兵器を目撃することになるであろう」と宣言した。

北朝鮮は昨年、非核化などを巡る米朝対話の期限を年末までに一方的に設定。米国が制裁緩和などで譲歩しなければ、核実験や大陸間弾道ミサイル発射を再開すると示唆していた。そして、上述した党総会で遂に「時間切れ」を宣言したわけである。

ならば北朝鮮は、彼らにとって「適切」なタイミングを見計らい、金正恩氏が宣言した通り「新しい戦略兵器」を衝撃的な形で披露する必要がある。しかし現状、そのような動きはまったく見えない。理由は言うまでもなく、新型コロナウイルスである。

北朝鮮の防疫体制は、きわめて脆弱だ。特に、末端兵士が栄養失調に苦しむ軍は、相当な緊張下にあると思われる。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

新型ウイルスの猛威に緊張しているのは諸外国も同じだが、どの国もいずれ、国際協力によって平静さを取り戻すだろう。

しかし、北朝鮮はどうか。このような情勢下で「新しい戦略兵器」をぶっ放せば、国際協力が難しくなるのは言うまでもない。よしんば世界保健機関(WHO)などの協力を得られたとしても、誰かに助けられながら戦略兵器をぶっ放したり、ぶっ放した直後に助けを求めたりすれば、その戦略的効果は半減する。

つまりはこのような非常事態下においてこそ、真の「国力」が問われるのだ。ここ数年、核とミサイルで大暴れしてきた金正恩氏だが、いま初めて新国な挫折を味わっているのではないか。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。