記事

市販のカゼ薬も医師の処方するカゼ薬も、どちらもカゼは治せない

2/2

医療機関はカゼを治すための場所ではない

行政は薬剤耐性菌対策として、2018年の診療報酬改定で「小児抗菌薬適正使用支援加算」を導入した。具体的には、一定の施設基準を満たした小児医療機関に、カゼ症状または下痢で受診した子どもについて、診察の結果、抗菌薬の使用が必要でないという説明や療養上必要な指導を保護者などに対して行った上で、抗菌薬の処方を行わなかった場合に、初診時に限って医療機関側に診療報酬として80点(800円)を加算するというシステムだ。

小児科専門医による時間をかけた丁寧な説明を評価する加算ともいえるが、抗菌薬の適正投与は、これら小児医療に精通した専門医においてはすでに実施されているはずである。むしろ非専門医に適正投与を促す施策を講じなければならないだろう。

私たち医師はカゼを治すことはできない。あくまで医療機関は、カゼかカゼでない疾患であるかを鑑別するための機関であって、カゼを早く治すためにある機関ではない。そのことをまずは知ってもらいたい。

しかし一部には、カゼを力尽くの処方で治せると考えている医師もいるようだ。

いわゆるカゼ症状でほかの医師に薬を処方されたにもかかわらず、「薬を数日飲んだが、鼻汁や咳の症状が全然よくならない」と来院する患者さんがときどきいる。お薬手帳を見てみると、重症感染症に使ってもおかしくないような抗菌薬と、強力な鎮咳薬、去痰剤2種類、抗ヒスタミン剤、気管支拡張剤、そして解熱鎮痛剤など、フルコースの処方をされていることがあるのだ。繰り返すが、これらを服用してもカゼを治すことはできない。

カゼの治療は「ゆっくり休むこと」しかない

これらフルコースの処方でも改善しないのは、それが特殊な病気だからではない。逆説的だが、いかなる最強の布陣の処方をもってしてもすぐ治らないのは、それが普通のカゼの症状であることを証明しているといってもよいだろう。

木村知『病気は社会が引き起こす』(角川新書)

とはいえ「こんなつらい症状では、仕事にならない。やっぱり早く治してくれないと」という方も多いと思う。診察室で患者さんと話していても要望のほとんどがそれだ。多くの人の関心事は「いつから仕事に復帰できるのか」「いつから学校に行けるようになるのか」ということなのである。

しかしカゼやインフルエンザでつらい間は、そもそも「仕事にならない」のだ。つらい間は身体を休めるしかない。罹かかった人は、自身の安静のためと、周囲に感染を拡げないためという2つの理由のもと、仕事や勉強など気にせず堂々と休んだ方がいい。いや、休まねばならないのだ。

政府は、セルフメディケーションといって、カゼの治療は医療機関でなく、市販薬を買って対処するよう推し進めているが、効くはずもない薬を買うより、効果的でムダがなく、身体にも負担をかけないのは、焦らずゆっくり身体を休める「セルフケア」だ。水分を十分に摂とって、嫌いでなければ温かいチキンスープでも飲んで、夜の咳込みがつらければ寝る前にティースプーン1杯のハチミツを舐(な)めて、ゆっくりと身体を休めよう。その「ゆっくり休める」という社会をいかに作っていくかが重要なのだ。

カゼの諸症状こそ一番の「薬」だ

当然ながらこのような「カゼへの対処法は服薬ではなく休息だ」という知識が常識となれば、カゼを早く治すために、との意図で受診する人、市販薬を買って飲む人は激減し、医療機関や薬局の収益は減るだろう。製薬会社も、一般用医薬品の国内市場約6500億円のうち1000億円を超える規模とされるカゼ薬関連市場を失いたくないかもしれない。

しかしカゼという自然治癒する疾患を治すために、効かない薬、副作用が出るかもしれない薬を追い求めて、貴重なお金と時間と体力を使って右往左往する人たちを、このまま放置しておいて良いとは思えない。そもそも熱、ノドの痛み、鼻汁、咳、痰といった、あの不愉快なカゼの症状は、ウイルスを排除するための免疫反応の結果、すなわち自分で自分を守るための自己防衛反応ともいえるものだ。

発熱で体温を上げてウイルスの活動を抑え、鼻づまりでさらなる異物の侵入を防いで、鼻汁とくしゃみと咳で異物を体外に排除する。あの不愉快な症状は、自己の自浄力が最大限に発揮されたがゆえの結果であるといえるだろう。

その自浄作用である症状を、薬でなくそうと考えること自体がナンセンスではないか。総合感冒薬や抗菌薬という人間が作り出したいかなる化学薬品よりも、効果的かつ理にかなった方法、「カゼ症状という薬」を用いて自分自身でカゼを治している最中なのだ。

そう考えると、カゼの諸症状こそ最強布陣の薬といえる。ヒトの身体が生まれながらに備え持つ能力のすばらしさともいえるのではなかろうか。

----------
木村 知(きむら・とも)
医師
医学博士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。1968年、カナダ生まれ。2004年まで外科医として大学病院等に勤務後、大学組織を離れ、総合診療、在宅医療に従事。診療のかたわら、医療者ならではの視点で、時事・政治問題などについて論考を発信している。ウェブマガジンfoomiiで「ツイートDr.きむらともの時事放言」を連載中。
----------

(医師 木村 知)

あわせて読みたい

「医薬品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  3. 3

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  4. 4

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  5. 5

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  6. 6

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  7. 7

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    慰安婦問題 朝日誤報にも責任

    PRESIDENT Online

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。