記事

「孫殺し」で逮捕された祖母が逆転無罪になった理由

1/2

「揺さぶられっ子症候群」(SBS)をめぐる刑事裁判で無罪判決が相次いでいる。ジャーナリストの柳原三佳氏は「日本では赤ちゃんの脳に出血を伴うような症状が見られると、マニュアルに従って一方的に『揺さぶり虐待』を疑い、医師は警察や児童相談所に通報する。しかし、海外ではすでにSBS理論の科学的根拠は疑問視されている」という——。

「揺さぶり虐待」事件で相次ぐ無罪判決

「主文、原判決を破棄する。被告人は無罪」

2020年2月6日、午後1時半、大阪高等裁判所201号法廷の傍聴席にどよめきが起こりました。

生後1カ月半の赤ちゃんを2歳半の兄が落としてしまうという不慮の事故から5年。「事故の過失責任は全面的に母親の私にあります。それで罪に問われるのなら甘んじて受けます。でも、虐待など、絶対にしていません……」

一貫してそう主張しながらも傷害罪に問われ、一審で有罪となっていた母親(38)に、この日、逆転無罪の判決が言い渡されたのです。

西田眞基裁判長による判決文は、「揺さぶり虐待」を主張した検察や検察側証人である小児科医の鑑定意見を批判し、以下のような強い論調で結ばれました。

2月6日、大阪高裁で逆転無罪判決後の、主任弁護士・秋田真志弁護士の記者会見
2020年2月6日、大阪高裁で逆転無罪判決後に記者会見をする秋田真志弁護士 - 筆者撮影

「被害児の身体を揺さぶるなどの方法によりその頭部に衝撃を加える暴行が加えられた事実を認定することはできず、その暴行を被告人が加えたとの事実を認定することはできないのに、これらを認めて有罪の結論を示した原判決の事実認定は、論理則、経験則等に照らし不合理なものと言わざるを得ず、是認することができない」

判決直後の記者会見で、母親の主任弁護を務めた「SBS検証プロジェクト」共同代表の秋田真志弁護士は、「揺さぶられっ子症候群」の理論の見直しが放置されたまま、多くの保護者が刑事訴追されてきた現状について、こう指摘しました。

「行政機関、訴追機関、そして、これまでSBS(揺さぶられっ子症候群)理論に基づいて判断してきた裁判所も含め、多機関において検証しなおさなければならないと思います」

わが子や孫への虐待を疑われる苦しみ

「揺さぶられっ子症候群」に絡んだ事件が、相次いで無罪となっています。ここ3カ月間を振り返っただけでも、大阪高裁で3件、東京地裁立川支部で1件が無罪となっています。

昨年10月に逆転無罪を勝ち取ったのは、69歳の祖母です。

次女の自宅で2時間ほど2人の孫の面倒を見ていたとき、昼寝をしていた生後2カ月の赤ちゃんの容体が突然急変し、2カ月後に亡くなってしまったという事案です。赤ちゃんの脳には出血が見られたことから、急変したときに一緒にいたというだけで、祖母が「揺さぶり虐待」を疑われ、逮捕されてしまったのです。

「孫は私の生きがいです、どうしてかわいい孫に虐待などする必要があるでしょう」

彼女は当初からそう主張していました。しかし、結局、聞き入れられず、傷害致死罪で起訴。一審の大阪地裁では懲役5年6カ月の実刑判決が言い渡されたのです。

私はこの事件を高裁から取材し、「揺さぶり虐待である」と強硬に主張する検察側の小児科医の尋問、それに対して「揺さぶりではこうした出血は起こらない、脳の病気の可能性がある」と反論する弁護側の脳神経外科医の証人尋問を傍聴しました。

動機も証拠もないのに、なぜこの祖母が「虐待」を疑われるのか……。にわかに信じられませんでしたが、結果的に大阪高裁(村山浩昭裁判長)は、脳神経外科医の証言を採用。揺さぶり虐待ではなかったことが認められたのです。

2019年10月25日、大阪高裁で逆転無罪判決を勝ち取った祖母の山内泰子さん(69)とご家族 2019年10月25日、大阪高裁で逆転無罪判決を勝ち取った祖母の山内泰子さん(69)と家族(画像の一部を加工しています) - 筆者撮影

それにしても、起訴されればほぼ有罪となる刑事裁判において、無罪がこれほど連続するというのは、まさに異常ともいえる事態と言えるでしょう。いったい、「揺さぶられっ子症候群」に、今、何が起こっているのか、問題はどこにあるのでしょうか……。

そもそも、「揺さぶられっ子症候群」とは何なのか?

「揺さぶられっ子症候群」、日本では2002年から『母子手帳』にも掲載されるようになりました。正式には「乳幼児揺さぶられ症候群」といい、英語では「Shaken Baby Syndrome」と表記されるため、その頭文字を取って、通称「SBS(エス・ビー・エス)」とも呼ばれています。「虐待性頭部外傷(Abusive Head Trauma)」を略して、「AHT(エー・エイチ・ティー)」と表記されることもあります。

SBSは1971年にイギリス人医師によって提唱されました。その後、1980~90年代には欧米で、「①硬膜下血腫、②網膜出血、③脳浮腫という3つの症状があれば、大人が強く揺さぶったと推定できる」という考えが急速に広まったのです。

日本では2000年ごろから虐待問題に取り組む一部の脳神経外科医や、小児科医や内科医らがSBSに注目しはじめます。そして、上記の3症状が見られた場合、捜査機関も保護者らを虐待の疑いで逮捕・起訴するようになりました。

一方、厚生労働省は2008年ごろ、小児科医や内科医に監修を依頼し、病院や児童相談所向けに、『子ども虐待対応・医学診断ガイド』というマニュアルを作成しています。

この中には、SBSやAHTと診断する基準として、<三主徴(硬膜下血腫・網膜出血・脳浮腫)が揃(そろ)っていて、3メートル以上の高位落下事故や交通事故の証拠がなければ、自白がなくて(*ママ)SBS/AHTである可能性が極めて高い>と明記されています。

つまり、このマニュアルによれば、つかまり立ちやお座りからの転倒、ベッドなど低い位置からの落下、また病気などでこうした症状が出ることはあり得ない、ということになります。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  8. 8

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  9. 9

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  10. 10

    トランプ退場で強行? イラン暗殺

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。