記事

藤井聡太七段、羽生善治九段に無傷の3連勝!タイトル初挑戦に好発進/将棋・王位戦挑決リーグ


 将棋の王位戦挑戦者決定リーグ白組1回戦が2月18日に行われ、藤井聡太七段(17)が羽生善治九段(49)に113手で勝利した。本局は、2018年2月の公式戦初対決から数えて3局目となったが、藤井七段が無傷の3連勝。若さと成長ぶりを見せつけ、またしても将棋界のレジェンドを打ち破った。

▶中継:藤井聡太七段、対羽生善治九段戦、無傷の3連勝!

 藤井七段の先手番で始まった対局は、角換わりから進行。一時は持ち時間でリードを許したが中盤、終盤で鋭い手を繰り出すと、羽生九段も長考の連続。難所で出した藤井七段の一手から一気に形勢が傾くと、そのままリードを拡大し決着をつけた。

 対局後、藤井七段は、「最後までわからなかったです」と熱戦を振り返ると羽生九段との対局についての思いを聞かれると「対戦できることは非常にうれしいことで、こちらもしっかりした将棋を指せればと思っています」と語った。またリーグ初戦の勝利については「これからも一局一局集中して」と抱負を述べていた。

 また、同じく羽生九段は、藤井七段との対局について「まだ、なかなか対戦する機会が少ないので、一局一局楽しみにしていました。何が悪かったか調べてみないとわからない」とコメント。タイトル100期への挑戦が続くリーグ戦については「次から新たな気持ちで臨めたらと思います」と語っていた。

 藤井七段と羽生九段は、2018年2月に行われた朝日杯将棋オープン戦の準決勝で初対決。当時五段だった藤井七段は、決勝も制して最年少での全棋士参加の棋戦優勝とともに、六段昇段を果たした。
(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶中継:王位戦挑戦者決定リーグ白組 羽生善治九段 対 藤井聡太七段

あわせて読みたい

「藤井聡太」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  3. 3

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  4. 4

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  7. 7

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  8. 8

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  9. 9

    99人の壁サクラ騒動 別に問題も

    マイナビニュース

  10. 10

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。