記事

EU、租税回避地ブラックリストにパナマなど追加 トルコには猶予


[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)諸国の財務相は、パナマ、セイシェル、ケイマン諸島、パラオをEUのタックス・ヘイブン(租税回避地)ブラックリストに加えた。一方、トルコについては、リストへの掲載を回避するためさらなる猶予を与えた。18日にEUの文書で明らかになった。

広範な税回避を受けて2017年につくられたブラックリストにはこれで12の地域が盛り込まれた。このほかに盛り込まれているのは、フィジー、オマーン、サモア、トリニダード・トバゴ、バヌアツのほか、米領サモア、米領グアム、米領バージン諸島の3米領。

これらの地域は悪評、金融取引への監視強化、EUからの資金を失なうリスクに直面することになる。

EU文書によると、トルコはEU全加盟国との間で税情報の自動転送を実行できなかったが、情報共有を認める法改正を承認したため、約束の履行に向けた猶予を与えられた。

2人の当局者によると、今回の決定には政治的な背景があるという。EUは中東やアジアからの移民抑制でトルコに依存している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  5. 5

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  6. 6

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  7. 7

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  10. 10

    玉木代表「毎日自宅検査を提案」

    玉木雄一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。