記事

新型コロナウイルス肺炎対応は、後手にまわった

新型コロナウイルス肺炎に対する政府の対応について、今日の衆議院予算委員会でさらに議論となりました。

ここまでのところ、政府の対応は「封じ込め」には失敗したという結果となっているのではないでしょうか。

その要因として、やはり全体として政府の対応が後手にまわったというところがあるのではないか。

例えば、検査をする対象をつい最近までかなり絞っていたこと。そのために検査も受けないまま、感染を拡大していた例があるのではないか。

大型クルーズ船への対応についてもそうです。十分な対応施設、態勢のない船内にあえて乗客乗員を閉じ込めつつけた結果、船内での蔓延を助長したのではないか。

その他にも疑問を抱かざるを得ない対応がありました。

明日以降もさらに予算委員会で確認していかなければなりません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。