記事

ANA武漢チャーター便 拒否する社員は1人もいなかった

AFP=時事

 今回の新型肺炎で武漢滞在の邦人救出という重大ミッションを背負い羽田を飛び立ったのは、政府がチャーターした全日空(ANA)機。

「ANAにチャーター便の依頼をしたのは、もともと武漢に定期便を就航していたから。ただ飛ばすだけならばどの会社でも可能だが、現地当局との折衝や乗客の案内を担う地上職員なども必要になる」(外務省関係者)

 パイロットや客室乗務員(CA)など運航に必要な人員は特別に募ったわけではなく、通常業務として割り当てられたが、ANA関係者によれば「拒否する社員はひとりもいなかった」という。

 1月29日の第1便の時点では、ウイルスに関する情報も十分とは言えなかった。そうしたなか、クルーはリスクのある乗務にどう臨んだのか。

「パイロット以外ではCAが1便に6人乗務した。当初は通常の制服にマスクと手袋だけでしたが、無症状でもウイルス感染者がいることが判明した3便目以降は防護服、ゴーグル着用になった。武漢空港で邦人を乗せる前に防護服を着た後はトイレにも行けない。スカートでは着用できないので下は私服だったそうです」(前出の外務省関係者)

 武漢から羽田までは約3時間半のフライトだが、機内サービスも通常通りとはいかない。

「手渡しの機内サービスはなく、調理パンやクラッカー、水などを袋詰めしたものを用意して搭乗時に乗客が取るかたちでした。CAさんは、あくまで保安要員として乗務していました」(厚労省関係者)

 チャーター便ごとにクルーは総入れ替え。帰還後は2週間の自宅待機期間が設けられたという。平子裕志社長は1月31日の会見で、クルーとメールでやり取りしたことを明かし、「感謝している」と語った。

 政府チャーター便はまだ続く見込みで、「数名の同社駐在員は今も武漢にとどまっている」(前出のANA関係者)という。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  9. 9

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。