記事

WHO、新型肺炎の感染鈍化も慎重姿勢 退避米国人の14人陽性


[ジュネーブ/トラビス米空軍基地(カリフォルニア州)/北京 17日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日、中国からの最新のデータによると、新型コロナウイルス(COVID─19)の新たな感染者の伸びは鈍化しているものの、今後の展開については「依然としてあらゆるシナリオが考えられる」と述べた。

テドロス氏は「トレンドの見極めには極めて慎重になる必要がある」とし、この減少傾向が続くとみるには時期尚早だと記者団に語った。

テドロス氏によると、中国本土での新型コロナウイルスによる肺炎の死者は1772人。過去24時間の新たな感染者の増加は2051人だったという。

WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、「問題は中国以外で感染が広がっているかだが、現時点では確認されていない」と述べた。

中国に関しては、発生源の武漢市や湖北省でも感染者は10万人当たり約4人だと指摘した上で、「感染は深刻で拡大する恐れもあるが、感染者数という点では平静を保つ必要がある」とした。

横浜港に検疫のため停泊し、新型ウイルスの集団感染が発生しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、WHOで世界的な感染症対策を統括するシルビー・ブリアン氏は日本当局や同船の医官と緊密に協力していると説明した。

一方、同船から退避した300人超の米国人は、派遣されたチャーター機2機でテキサス州とカリフォルニア州の米軍基地に到着した。到着後は全員が2週間にわたり隔離されるという。

退避者のうち14人は直前の検査で陽性反応が出たが、搭乗が許可された。米国務省によると、陽性患者は機内で隔離されたが、それまで約40分間にわたり他の乗客と同じ場所にいたという。このため、60人について健康観察を行うとしている。

中国の国家衛生健康委員会と世界保健機関(WHO)は17日、新型コロナウイルスの調査でこの日から北京を訪れているWHO専門家が広東省と四川省でも調査を行うと明らかにした。

WHOの広報担当は、作業が16日に始まり、当局との徹底したデータ研究などが行われていると説明。17日には北京保健当局や中国疾病対策センターと協議したほか、主要な病院を訪れたという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  8. 8

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  9. 9

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  10. 10

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。