記事

「囲碁界のドン」が女流棋士に訴えられた 処分の裏に権力闘争

2/2

◆棋士によるクーデター?

 当時の團宏明・理事長は元日本郵政副社長で、外部から招聘された人物。それを煙たがった反理事長派の棋士が“クーデター”を起こそうとしていると読み取れる内容だった。日本棋院内部の権力闘争である(團氏は本誌取材に「訴訟について、私は何も知りません」と回答)。

 この團氏が昨年3月、日本棋院の経営立て直しに失敗したことを理由に突然辞任し、副理事長だった小林氏が理事長に就任すると、原氏は「中傷メールを送った」と臨時理事会で常務理事を解職(理事は継続)される。原氏は昨年8月、解職決議は無効だと地位保全の訴訟を起こす。

 そもそも依田氏がツイッターで小林氏を批判したのは、妻の解職に納得できなかったからだった。

 本誌は原氏に取材を申し込んだが、「訴訟中なので取材は受けられない」と話すのみ。かわりに依田氏に話を聞くことができた。

「覚さんとは棋士の中で一番仲が良かったんです。仲邑菫ちゃんの話もして、入段(プロ入り)はいいことだと。しかし、組織のあり方は間違っている。現体制は、自分の仲間は擁護するけれど、気に入らない人間はどんな理屈をつけても排除しようとする集まりにしか見えない」

 日本棋院は「係争中のため、コメントを差し控えさせていただきます」と答えた。

 日本棋院では仲邑初段に続けと12歳の上野梨紗氏、13歳の張心澄(ちょう・こすみ)氏らが続々プロ入り。“天才少女”たちの熱戦でブームが盛り上がりそうな時に、依田氏と小林氏の泥仕合は水を差すことになりかねない。

 元名人と元棋聖は、どこで“手筋”を読み間違ったのだろうか。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    慰安婦問題 朝日誤報にも責任

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。