記事

りんごが「解毒剤」になる…北朝鮮で出回る危ないウワサ

「旧正月の連休期間中に、平安南道(ピョンアンナムド)の市場で、りんごがよく売れた」(平安南道の情報筋)

韓国人がこんな話を聞けば、「祭祀(チェサ)に使うから需要が高まったのだろう」と思うことだろう。祭祀とは祖先を祀る儀式で、祭壇に様々なお供え物をした上で儀式を執り行う。お供え物としてよく使われるのがりんごで、それは北朝鮮とて変わりない。

(参考記事:変わりゆく北朝鮮の伝統行事…供え物も出来合いで

ところが、りんごが売れている理由がどうやら違うようなのだ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の情報筋は、祭祀用としてりんごを買う人もいるとしつつも、こんな需要が多いことを明かした。

「ピンドゥやデンダなど薬物の解毒剤として使うために買う人が多い」

ピンドゥ(氷頭)とは覚せい剤、デンダとはヘロインのことを指すが、りんごを食べると薬物の毒素を解毒してくれる特効薬だというのだ。

(参考記事:【北朝鮮国民インタビュー】アイス、デンダ、トリドリなど複数の薬物が蔓延

もちろん医学的根拠のない噂に過ぎないが、りんごが売れているということはそんな噂を信じている人が多いのと同時に、違法薬物を使っている人が多いことも示す。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

「大人でも子どもでも麻薬を使う現象が普遍的に定着した今では、単なる果物として売られていたりんごが、麻薬の解毒剤として使われる笑うに笑えない状況となっている」(情報筋)

ちなみに、現地の市場で売られているりんごのほとんどは中国から輸入されたもので、1キロ5000北朝鮮ウォン(約65円)だ。一方で北朝鮮産のものはその1.8倍から2倍の値段で売られている。

平安北道(ピョンアンブクト)の別の情報筋も、現地でも「りんごが麻薬の解毒剤」という噂が広まっていると説明し、麻薬や覚せい剤を使い続けると最初は不眠症となり、ひどい場合には統合失調症のような症状が現れたり、皮膚に水ぶくれができるなど、様々な弊害が生じるとも説明した。

しかし、慢性病や強い痛みに苦しめられている人にとって、酒か麻薬に頼る以外の方法はない。それと同様に、麻薬の副作用に苦しめられている人も、藁をもつかむ心情で、りんごに効き目があると信じているのではないか、と述べた。

(参考記事:「男女関係に良いから」市民の8割が覚せい剤を使う北朝鮮の末期症状

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  3. 3

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

  9. 9

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。