記事

女子大生の私が「リフレ店の経営者」になって知ったこと

1/2

鳴海サキ(仮名)は、20歳の現役大学生だが、山手線の内側で「リフレ店」を経営した経験がある。「リフレ」とは若い女性が密室で男性にマッサージをするという体裁を取りつつ、「裏オプ」と呼ばれる性風俗サービスを行う場合もある店だ。なぜ彼女はそのような店の経営に関わるようになったのか。そこで分かった「リフレ」の実態とは――。

東京の街中の雨の夜
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Sebastian Kropp

15歳で夜の新宿へ

小学校から高校まで、都内の一貫校に通っていた私。周囲の人は上昇志向が高く、高校一年から大学受験を意識する同級生が多かった。だが私は、「勉強していい大学に行かないと」「そのためには今はやりたくない勉強を頑張る」という周りの空気になじめずにいた。

高校の空気の居心地が悪く、授業はサボり気味。学外の友達とよく遊んでいた。外の世界をもっと知りたくて、高校1年の大晦日、友達と新宿・歌舞伎町に繰り出した。「高校生」という肩書を捨てて、ただの「お姉さん」として、バックグラウンドや肩書を気にせず接してくれる夜の人たちが好きになった。

高校で今やりたいことを我慢して、「やりたい研究や勉強はないけど、とりあえずいい大学に行った方がいい将来があるから」なんて言って勉強している学校の子たちよりも、「あのホストをナンバーワンにしたい」「貯金してお店を開きたい」という確固たる目標があって毎日を生きている夜の人たちの方が、当時の私にはキラキラして見えた。

当時の私は風俗の平均的な収入も、お客さんが払った金額のうち何割がお店に入るのかも知らなかった。けれど、漠然と「店のスタッフがウザイ」「イマイチ稼げない」などの愚痴を聞いていて、「女の子が働きやすい店を作ってみたいな」なんて漠然と考えていた。

ひょんなことから経営者に

大学に入り、周りにも研究テーマとして性産業やそこにまつわる社会学に興味があると公言していた。そんな折、たまたま知人から「新しくリフレを出店するから、一緒にやらないか」と誘いを受けることとなった。そして私は、「リフレ」という業種を知る。

リフレとは、若い女の子(18歳~20歳が最も多く、見た目が幼くみえるほど需要が高い)から密室空間でマッサージを受けられるというコンセプトの癒やしサービスだ。基本プレイは店舗によって異なるが、マッサージのみとする店が多く、客から嬢(女性従業員)に触れることは一切できないなど多くのルールがある。

店舗型リフレと派遣型リフレという2種類の業種があるが、私が誘われたのは派遣型リフレだった。派遣型であれば、店舗を構える必要がなく、初期費用を格段に抑えることができるからだ。またリフレであれば、デリヘルと異なりツイッターで集客できるため、大手風俗情報サイトに掲載料を支払う必要がない。この点でも初期費用を抑えられる。

客の期待を煽るツイッターの宣伝文句

実際、開業にあたり使用したオフィスは2畳に満たない部屋。家賃は月々4万に満たない。風俗店舗として使用できるレンタルオフィスを押さえた。家賃と開業届、ウェブサイトのドメイン費用が初期コストで、合計15万円ほどだった。

集客はツイッター。JKビジネスと隣り合わせのリフレ業界は、NGワードに引っかからないよう注意しながら、それとなく違法な感じを漂わせる。「今なら特別サービスが!」「超絶ロリっ子」といった調子である。

「この店ならアンダー(18歳未満の女性従業員)がいるかも……」といった期待を煽るには、ある程度怪しい宣伝文句がうってつけなのだ。デリヘルでは難しくても、リフレならアンダーがいるかもしれない……という期待を抱く客はいる。わかってはいたが、実際に電話で「13歳いますか?」という問い合わせを受けたときは衝撃を受けた。

開業届をデリヘルと同じ形態で出した理由は…

料金システムはマッサージ料金が60分で7000円、うち嬢の取り分が3000円。それ以上の行為によるオプション代はすべて嬢の取り分になるという価格設定だった。「オプション」には「ハグで1000円」「膝枕で2000円」という値段がついている。嬢によっては、「ハグとキスセットでし放題で5000円」などと組み合わせて客に交渉することもできる。

中には「裏オプ」をつくる嬢もいる。いわゆる性的なサービスの提供だ。「裏」といいながら、店側も存在はわかっている。ただし店側は「知らぬ体」を徹底する仕組みになっている。

開業届はデリヘルと同じ「無店舗型性風俗特殊営業」の許可を申請していた。性的サービスを一切提供しない場合は、この営業許可を取る必要はない。しかし、風営法に抵触する「異性の客の性的好奇心に応じてその客に接客する役務を提供する営業」をしているのなら届け出の必要性がある。

個人の交渉力がモノを言う業務

リフレとデリヘルの最大の違いは「基本プレイの少なさ」にある。オプションは「私これやってないんですよ」と言えば回避できるので、提供する客を嬢が選ぶことができる。このため「風俗より楽でソフト」というイメージがあり、女の子が流入してきやすい。

「風俗はちょっと……でもキャバクラとかじゃ稼げないし」という女の子に対して、「嫌なお客さんは断れるし、デリヘルみたいにガッツリサービスしなくても手軽に稼げるよ!」という文言で誘う。女の子が実際に入店をして接客をすると、最初は知らないオジサンに「ハグをされる」だけでも嫌だったのが、だんだんとお金をもらっていくことで擦れていき、割り切れるようになっていく。

そうして徐々に慣れたタイミングで「裏オプ」の誘いに乗る子が多い。デリヘルのようにいきなりハードな性サービスをしなくていいとはいえ、「女性性を売る」ことに変わりない。徐々に慣れていくことで、性サービスに対するハードルが下がりやすくなるようだ。

また客も、「素人とイケナイことをする」というスリルが通う動機になっているパターンが多く、嬢の収入もデリヘルより高額になるケースが多発する。その一方、交渉が下手な女の子は安く買いたたかれてしまうため、収入の多寡は個人の力量によって大きく変わる。

あわせて読みたい

「風俗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。