記事

「ちょこっと稼ぐ」は雇われて働いている人にとっても魅力的。

Chikirinさんの「ちょこっと稼ぐの復活」というエントリーが深すぎるので、Blogに自分の考えを書かざるをえません。。。

就職できないで自殺する人までいるらしいけど、そこまでいかなくても就職できるかどうかが大きなストレスになっている大学生はたくさんいるでしょう。そもそも「雇ってもらえなければ、人生終わり」みたいなコンセプトはおかしいとは思うけど、そうなってきたのは、「何やっても食べていける」という感じがなくなってきたからかも。

昔は自分で何かやって「ちょこっと稼ぐ」というのが、もっと身近だったんじゃないかと思う。

いつのまに「雇ってもらって、給与をもらう」という選択肢が当たり前の世の中になってしまったのだろう。。。本来は、自分で「ちょこっと稼ぐ」という選択肢だってあるのに、端から諦める人が多いのはもったいない。



===========================

さて、言いたいことは「仕事がなければ、自分でちょこっと稼げばいいじゃん。」ということだけじゃなく、「仕事があっても、ちょこっと稼ぐことで得られる満足を求めている人が多いのでは?」ということ。

雇われている仕事では、誰のために、自分が役に立っているのかを感じづらい仕組みになっている。一方で、自分でちょこっと稼ぐことは、シンプルだ。自分が提供するものに誰がお金を出してくれて、誰が喜んでくれるのかを直接感じられる。

今、満たされていない「社会への貢献感」「自己肯定感」が、「ちょこっと稼ぐ」ことによって得られる。

だからこそ、雇われて仕事をしている人にとっても、「ちょこっと稼ぐ」ことには金額ではない魅力がある。さらに、会社組織という分業システムから切り離されたときに、自分に何ができるのかという不安を抱えている層にとっては、なおさら魅力的なんだ。

「ちょこっと稼ぐ」なんて、社会全体から見たらミクロなトレンドだし、今は産業界に影響を与えるほどのトレンドじゃないかもしれないけれど、一度振れ始めた振り子は、徐々に加速していき、無視できないトレンドになっていく。

だって、こっちのほうがクールに感じ、輝いているのだから。

あわせて読みたい

「労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  7. 7

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  8. 8

    ソフトバンクG株が連日の新安値、8カ月ぶりに7000円割れ

    ロイター

    07月27日 11:16

  9. 9

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  10. 10

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。