記事
  • Chikirin

災害を後から振り返るシリーズ:2019年台風15号

1/2

台風や大雨・洪水など大きな災害が起こった時、後から振り返れば「あのとき本当はこうしておくべきだった」とわかりますよね。

でも災害の真っ最中には、専門家でも「今なにをすべきなのか」なかなかわからない。

現在、感染拡大中の新型コロナウイルス対策もまったく同じです。半年後、一年後に振り返れば「あの時いったい何をするのが正解だったのか」わかるはず。

でも今は、それは誰にもわからないんです。

だから今回は数ヶ月ほど時計を巻き戻し、昨年、関東地方に甚大な被害を出した台風15号と19号について振りかえってみたいと思います。

★★★

おさらいのため、まずはどんな被害だったのかまとめておきましょう。

台風15号は、2019年9月9日未明(夜中の3時)に三浦半島を通過、朝5時に千葉市付近に上陸しているので、

関東地方に関していえば、9月8日の夜中から9日の朝方までが台風のピークだったと言えます。

その際の勢力は960hPa、最大風速40m/sの「強い」勢力でしたが、関東に上陸する台風としては過去最強クラスでした。

この「関東に上陸する台風としては」というのがポイントのひとつで、通常、台風は九州や四国などに上陸し、関東にはあまり上陸しません。

だから関東の人には「台風で大被害」という認識自体が弱かった。

そして実際、この台風での死者数は数名と、その前年、西日本を襲った台風や豪雨ほどの被害ではありませんでした。

ところが想定外だったのが「風」です。

そして場所。

「関東」というからみんな「東京」がヤバイのかと思っていたら、被害は千葉に集中しました。

倒れて住宅にめり込んだゴルフ場のポール映像は衝撃的だったし、90万戸以上もの大規模停電が数週間続き、多数の家で屋根が吹き飛ばされました。

しかも電柱や電信柱が倒れたことで、電気だけでなく電話やネット(スマホ・携帯)が数週間にわたってつながらないエリアが続出。

このように、台風15号に関しては、さまざまな「予想と実体のズレ」が生じました。たとえば、

1.関東直撃と言われ、メディアも人も「東京ヤバイ!」と騒いでいたけど、実際にやられたのは「千葉県」だった。(So, 森田知事もまったく危機感なかった)

2.電柱や電信柱がバタバタ倒れるなんて誰も(東京電力やNTTでさえ)予想できなかった。

3.停電の完全復旧には3週間近くを要したにも関わらず、東電は当初「一両日には停電解消」といった甘い見通しを出し続けた

4.JRは台風が近づいた8日のお昼近くになって「夕方から運休」とか言いだし、すでに電車で出かけていた人は帰りの足がなくなって大問題。

しかもJRは、「明日9日は8時から電車を動かす」と言っていたため、朝の8時には駅に人が殺到。

ところが夜間の台風直撃で線路に多数の問題が起こり、その点検や修復のため、正午くらいまで動かない路線も続出。

山手線が動いてないのに、新宿や渋谷に私鉄が人を運び、ターミナル駅に溢れた人の数は危険なレベルまで膨れあがった。

加えて、成田線など遅くまで動かない路線も発生。

電車が動くはずとみていた成田空港では次々と到着する飛行機から降りた乗客(10時半時点で1万4千人)が空港内に足止めされ大パニック

このように
・千葉県や千葉市など行政のトップ
・東京電力&NTT
・JRや私鉄
といった、

「災害対応のプロ」とも言えるインフラ担当企業や行政が、こぞって状況を読み違え、対応を間違いました。

この原因はどこにあったのか、そして、もしもう一度やりなおせるなら「どうすべきだったのか?」 

今日は当時の台風進路予想図や、気象庁の予報発表文を見つつ、台風15号の予報と実際について振り返ってみたいと思います。

※台風19号については明日のブログで振り返ります。

★★★

最初に「台風が来る」とわかったのは3日前、9月5日の夕方で、当時の予報は下記のようなものでした。


(当エントリの台風進路予想図はすべてウェザーマップ社提供)

2019年9月5日(木)17時半発表
台風第15号が発生しました。7日頃に暴風域を伴って小笠原諸島へ接近する見込みです。強風や高波に注意してください。

その後は、8日から9日にかけて西日本や東日本に接近し、強風や高波、大雨の影響を受けるおそれがあります。

(以上、当エントリの引用ボックス内の予報文はすべて気象庁発表資料より抜粋、引用。赤字にするなどの強調はちきりんが追加)

<私の受け止め方>
上の予想進路図や予報文をみて「今度の台風は九州や関西じゃなくて、関東に来るんだな」とは理解しました。
が、この時点ではそこまで大きな台風だという認識はありませんでした。

★★★

ところが一日たつと下記のように予報が変わり、「東日本」に「上陸するおそれ」となりました。

9月6日(金)17時発表
台風は強い勢力となって8日から9日にかけて東日本にかなり接近し上陸するおそれがあります。

<私の受け止め方>
「関東に上陸」と聞き、私を含め東京の人はみな「やべっ!」と感じたはず。前述したように、関東に台風が上陸すること自体が珍しいので。

★★★

さらに翌朝。

9月7日(土)6時発表
台風は発達して強い勢力となり、8日夜から9日にかけて暴風域を伴って東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。

関東地方、伊豆諸島  35メートル(50メートル)
その後、9日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で
関東地方、甲信地方、伊豆諸島  200から300ミリ
※9日3時 970hPa

<私の受け止め方>
「やっぱ東京に上陸する可能性があるんだ」とは思いましたが、風速や雨量の予想、中心気圧をみるかぎり、そこまで大きな台風だとは(少なくともこの時点では)思ってなかったかな。

★★★

が、この日の夕方になると、中心気圧が955hPaになってて、「これはけっこう大きな台風かも?」って気がしてきました。

9月7日(土)16時半発表
強い台風第15号は発達しながら北上し、8日夜から9日午前中にかけて暴風域を伴って東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
伊豆諸島       40メートル(60メートル)
関東地方       35メートル(50メートル)
※8日15時 955hPa

<私の受け止め方>
中心気圧は低いほど台風の勢力が強くなります。この数字、970とか980くらいならともかく、950に近くなると「相当ヤバイ」と思えます。

私はこの時点で伊勢湾台風など、過去の大きな台風の中心気圧をググりはじめました。

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  9. 9

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  10. 10

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。