記事

集団感染のクルーズ船で乗客たちを勇気づけた明るい乗組員

集団感染が発生したダイヤモンド・プリンセス号(写真/AFP=時事)

防護服なしで最前線で働くクルーや検疫官も(写真/@daxa tw提供)

 新型コロナウイルスによる集団感染が起きた豪華クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。日に日に感染者が増大(2月13日時点で218人)し、重症化した患者も確認された。WHO(世界保健機関)は下船は早くても19日と見解を出している。

【写真】防護服なしで最前線で働くクルーや検疫官も

 約3700人の乗客の大半が船内に残され、不安な日々を送っている。

 1日3回ほどの船内放送があるとはいえ、情報も行き届かず、疑心暗鬼に陥ってもおかしくはない。そんな乗客の支えになっているのは同船のクルー(乗組員)だという。

「だぁ」のアカウント名でツイッターを通じて船内の情報を発信し続ける乗客はこう話す。

「クルーはいつも明るく、とてもフレンドリーに接してくれます。外国人で言葉が通じないので会話はほとんどしませんが、いつもテンションが高い。『ハーイ』とか『バーイ』とか食事提供の際の簡単な挨拶のみですが、こんな状況でも変わらず明るく、良くやってくれていると思います」

 別の60代乗客も感謝を口にする。

「支給品の差し入れで、クルーが一発芸のダンスを決めて笑わせてくれました。言葉は通じなくても、もてなそうという気持ちが伝わります。11日の建国記念の日には日本国旗が配られ、船内のメッセージボードには『WE CAN DO IT!』(私たちはできる)と掲げられ、励まされました。僕の息子より若い30代くらいに見える人が多いけど、クルーはできることを最大限してくれる。私たちも頑張ります」

 すでに乗組員からも感染者が出ている。それでも、多くの乗客に接する恐怖のなか、乗組員たちは明るく振る舞い、その姿が少なからぬ人を励ました。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。