記事

五輪ボランティア、韓国・平昌は宿舎提供したのに東京では…

研修などの名目で拘束されたりもする五輪ボランティア。“やりがい”をうたってはいるものの、医療現場などからは「真夏の高温の環境下、無償での奉仕に価するのか」という声も上がっている(写真/共同通信社)

東京五輪の会場となる新国立競技場(写真/アフロ)

 7月24日に開幕する2020年東京オリンピック。これまでの準備期間の中で、多くのトラブルが発生したが、大会が始まってからの懸念材料もある。それが「ブラックボランティア」の問題だ。

【別写真】東京五輪の会場となる新国立競技場を空撮!

◆やりがい搾取といわれるブラックボランティア

 ボランティアは昨年9月に募集が始まり、大会8万人と都市3万人、合わせて最大11万人が参加する予定だ。その概要が発表された時から、「ブラックだ」と指摘されてきた。「1日8時間、10日以上の活動が条件」というハードさにもかかわらず、無償に近い奉仕になることにその原因がある、と作家の本間龍さんは言う。

「1日1000円が支給されますが、交通費相当にしても大会期間中、この金額で生活はできません。しかも、宿泊先の確保は各自によります。

 これまでの大会も無償だったと大会組織委員会は説明していますが、違います。韓国で行われた平昌冬季五輪では、ボランティアには宿舎が与えられ、いつでも食事できる場所がありました。2016年のリオ五輪も、都市ボランティアは日本円で日当5000~1万円ほどで集められていました。2012年のロンドン五輪も、市内の交通機関が無料で使用できるという特典があったのです」

 そんな中、昨年11月には、大会組織委員会が約2000人の有償スタッフを募集し、物議をかもしている。

「求人誌『タウンワーク』に掲載された募集内容は、大会ボランティアの仕事と酷似。しかも時給1600円だという。ボランティアで参加する人たちから不満の声が上がっています」(本間さん)

 大会ボランティアとして採用された、都内に住む自営業のA子さん(50才)は「有償があるなら最初からそちらに応募したかった。今となっては辞退したい」と語っている。

※女性セブン2020年2月27日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  3. 3

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  4. 4

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  7. 7

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  8. 8

    99人の壁サクラ騒動 別に問題も

    マイナビニュース

  9. 9

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  10. 10

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。