記事

なぜベッキー以降芸能人の不倫は酷烈糾弾の対象になったか

不倫そのものに加え、インスタグラムに掲載されていた「匂わせ」写真が女性たちの標的になってしまった唐田(時事通信フォト)

藤本敏史と離婚を発表した木下。過去のインスタグラムの投稿が話題に。写真や短いネームから、居場所などを「特定」する鬼女が注目を浴びた(時事通信フォト)

 1月下旬に報じられた、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫騒動。愛妻家として認識されていた東出が、妻である杏(33才)を第3子妊娠中から裏切っていたことやその期間が2年半にわたっていたこと、そして唐田が東出との交際を匂わせる写真やコメントをSNSに頻繁に投稿していたことで、世の女性たちの激しい怒りを買った。そのバッシングは凄まじく、東出はCMを、唐田はドラマを降板している。ここまで“炎上”したのは、なぜなのか。

【写真】不倫問題で標的になった木下優樹菜の白Tシャツ姿

 コラムニストの今井舞さんは、「もともと“優等生”だった芸能人ほど、世間からバッシングされやすい」と言う。

「“不倫は悪いことなのだから、どんなに叩いてもかまわない”という風潮は、4年前のベッキー(35才)と川谷絵音(31才)の不倫報道が大きな契機となりました。それまでスキャンダルもなく、優等生の印象が強かったベッキーが不倫していたうえ、『交際していない』と嘘までついていた。世間は“裏切られた”という怒りに加え、それまで芸能界においていい感じの立ち位置にいたタレントが、自分たちの攻撃により追い詰められていくさまに、快感すら覚えるようになった。この件で、世の中が“芸能人のつるし上げはエンターテインメントになる”と気がついてしまったのです」

 中世ヨーロッパでは、庶民が処刑の様子を鑑賞する風習があったが、ものによっては「それに通じる残酷さすら感じる」と今井さんは話す。

 確かに、芸能人の不倫に世間がここまで過剰に反応するようになったのは、つい最近のことだ。

 昭和の名優・勝新太郎さん(享年65)が女優・原田美枝子(61才)をはじめ、数々の女性と浮名を流した際は、「勝新らしい」「女遊びは芸の肥やし」と好意的に見られる風潮すらあった。それから時間を置いて、長谷川理恵(46才)との不倫騒動の渦中にいた石田純一(66才)が「不倫は文化」と言い放った時でさえ、一時は大バッシングにあったものの、今回のように当事者たちを「芸能界追放」「一発アウト」に追い込むことはなかったはずだ。なぜ今、ここまで世の中の女性たちの感情は「怒り」一色なのだろうか。

 もとは普通の主婦でありながら、ツイッターのフォロワー数は17万人を超え、女性セブン連載『立て板に泥水』でも知られる深爪さんは、SNSの普及が一因ではないかと分析する。

「SNSは“いいね”を押すことで共感を可視化した、いわば共感増幅ツール。これまでも芸能人の不倫に対しては批判的な感情を持つ人が少なからずいましたが、友人や家族など少人数の間で共有される程度だった。しかしSNSが普及した今、1人が“そんなの許されない”という声を上げると、同調した人が“いいね”や“リツイート”で拡散していってしまいます」

 共感に裏打ちされた怒りは、ますます増幅されていく。

◆炎上の背景にある“匂わせ”は新しい行為なのか?

 今回の東出と唐田の不倫では、唐田がSNSに投稿した交際をアピールするような“匂わせ写真”も、世間の怒りを大きくした。

「“匂わせ”とは、SNS上で直接的な言葉では明言せず、画像などを使って“この人とつきあっている”“私はこんなすごいことをしている”と訴えかけることをいいます」(深爪さん)

 もともとは、嵐のメンバーである二宮和也(36才)の妻で元アナウンサーのAさんが、二宮と交際時にお揃いのグッズをブログにアップしたことから、ジャニーズファンの間でじわじわと広がった言葉だった。

 最近では、不倫が噂された木下優樹菜(32才)がインスタグラムの投稿を使って、相手と取り沙汰されていた乾貴士選手(31才)に宛てたと思われるメッセージをアップしたことで一気に認識されるようになった。愛娘と一緒に写った写真に添えられた文章の最初の文字を“縦読み”すると《たかしあいしてるずーーっと》と読むことができると騒動に。その直後、今度は唐田が東出の寝顔や東出を彷彿させるイラストをアップしたことで、世間に定着し、もはや流行語といっても過言ではない。

 しかし深爪さんは、匂わせるという行為自体は新しいものではないという。

「松任谷由実さんが1982年に発表した楽曲『真珠のピアス』にも、恋人の彼女に自分の存在を気づかせようと、わざと真珠のピアスを捨てていく、匂わせ行為が歌われていますし、中学生や高校生の時に、カップルでお揃いのキーホルダーをつけていたのも今思えば立派な匂わせ。昔からある匂わせ行為が、不特定多数に公開できるSNSというツールができたことで、より多くの人の目につくようになったのだと思います」(深爪さん)

※女性セブン2020年2月27日号

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  2. 2

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  3. 3

    よしのり氏 都の外出自粛を批判

    小林よしのり

  4. 4

    感染者分析 オヤジは夜街出るな?

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    音喜多氏 小池知事の会見は有益

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    麻生氏 通貨スワップ韓国に問題

    ロイター

  7. 7

    映画に学べ 今見るべき感染作3選

    松田健次

  8. 8

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  9. 9

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

  10. 10

    なぜ迷走?日本の新型コロナ対策

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。