記事

【特集IR】キャピタル&イノベーション小池隆由「IR誘致成功の鍵は地元企業の活躍」



来たるIR時代に求められるものはいったい何なのだろうか。スポーツ、食、エンタメ、投資、街づくり、イベンター、観光、ホテル。各界のトップランナーによる分析が明かすのは、IR には日本をさらなるステージへと導く力を秘めているということだ。 キャピタル&イノベーション代表取締役で、情報メディア「カジノIRジャパン」を運営する小池隆由に聞いた。

IR誘致は、地元企業の活躍が要!

大阪と横浜市をはじめ、現在9つの都道府県・政令市が IR 誘致申請を決定、または検討中だ。国内に建設可能な IR 施設は政府の方針で最大3つ。選ばれるには何が必要か。


「国土交通省観光庁は、日本型 IR の特徴に『日本の魅力を伝える施設』であること、『送客施設』として優れていることを重視しています。IR 施設はコンシェルジュ機能を持ち、全国各地への旅行サービスの手配などを行える機能を持つ必要がある。そのためには、観光のハブになり得る都市でなければなりません。大阪と横浜市が一歩リードしている状況ですが、大都市に近く、交通の要所である宮城県と北九州市もダークホースではないでしょうか」と小池隆由氏。

もちろん、地元の活性化も IR誘致成功の大きな鍵だ。大阪ではオリックスなど、横浜市では京急や東急不動産などの事業挑戦が見こまれている。

「地域の特性を知り、地元の信頼の厚い企業の参入は、IR誘致を成功させる大切な要素です。この点でも大阪と横浜市が有利ですが、宮城県にも注目。IR施設ができれば、震災復興がよりスピーディに進み、地元企業も元気になるはず。どの自治体が選ばれるのか、最後までわかりませんね」

TAKAYOSHI KOIKE
キャピタル&イノベーション代表取締役、カジノIRジャパン運営。山一證券、ドイツ証券、ゴールドマン・サックス証券を経て、2013年にキャピタル&イノベーションを設立。情報メディア「カジノIRジャパン」を運営し、IR 事業コンソーシアム組成を展開。

Text=川岸 徹 Photograph=鈴木拓也IR

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    消費税率戻さねば辻褄合わぬ政府

    自由人

  4. 4

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  9. 9

    渡部の現在「格闘家みたいな顔」

    SmartFLASH

  10. 10

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。