記事

「彼氏代行サービス」での疑似恋愛にハマる女性心理とは

1/2
「今だけ恋人」の彼氏もレンタルする時代?

ホストと2人きりになりたい女性が増えている(AFP=時事通信フォト)

 ホストクラブの客層といえば、お金持ちや芸能人、水商売をしている女性などをイメージしがちだが、近年は一般職のOLや主婦、シングルマザーといった様々な立場の女性が店に通い、「イケメンと気軽に話せる場所」となりつつある。そんな女性たちの欲望をさらに満たすため、独立して出張デートサービスを開業するホストもいるという。作家の内藤みか氏が、ホスト業界の最新事情をレポートする。

【写真】競争激しいホストクラブ

 * * *

 呼べばカッコイイ男の人が来てくれて、一緒にデートをしてくれる──。そんな出張サービスは20年以上も前から存在していましたが、ここにきて店舗数やサービスの種類も、そして登録男性の数も一気に増加しています。

 私はシングルマザーなので、寂しさに耐えかねてこのサービスを利用したことがあります。彼氏をレンタルするというと多くの人が性的サービスも受けているようにイメージしますが、私はデートのみというライトなプランがある店舗を選んでいました。理由は、そちらのほうが在籍ホストのルックスが圧倒的に良かったからです。

 客層は私のように特定の恋人がいない寂しいバツイチ女性や独身女性、夫が優しくしてくれないからとストレス解消に呼ぶ人妻、そして普段は男性にサービスしている風俗嬢などが男性に尽くされたくなって呼ぶ──というパターンが多いと聞いています。そしてこの1~2年で一気に店舗数や在籍ホスト数が増えたと感じています。

 呼びやすいのは、何と言っても“彼氏代行”としてデートしてくれるデート専門の出張サービスですが、最近増えてきたのはオイルマッサージのみを行う、わりと健全なエステサービスです。ただし、性的サービスを行わないとうたっていても、中には無届けでいかがわしい行為を行おうとする人もいるそうなので、注意は必要でしょう。

◆人気を見込んで投資対象に

 こうした状況をビジネスチャンスと捉え、新規参入を目論む人たちがいます。投資家のAさん(30代)は、出張マッサージサービスの開業準備を進めています。彼がこの分野がいけると感じたのは、すでにメンエスと呼ばれる女性が男性に普通のマッサージを施す出張サービスが大盛況だったことにありました。これなら男女逆転した形態も人気になるはずだと踏んだのです。

 Aさんは、主にSNSでフォロワーの多い男性に声をかけて求人活動を行っています。というのは、SNS上で気に入った男性に女性のほうから誘いをかけるケースが最近増えているからだとのこと。サービスのニーズはこの「肉食女子」たちにあると踏み、SNS活用が上手で、すでに固定ファンを持っている男性を集めているのです。面白い文章を書ける人には特に人気が集まりやすいそうです。

◆時代は「個」のサービスへ

 デートプランのある彼氏代行サービスを開業予定のTさん(30代)は、以前はホストクラブを経営していたのですが、深夜営業ができなくなったり、大手に人気が集中したりとなかなか厳しい状況にあるため、出張サービス業を新たに始めることにしたと言います。

 派手に稼いでいるように見えるホスト業界ですが、売れているのは一部のホストのみ。指名客が増えないと収入は増えないシステムです。特に新宿・歌舞伎町には200以上もの店舗があるため、客の奪い合いも壮絶で稼ぐのが厳しくなってきています。

 そこで、ホストほどではなく彼氏代行の世界も月収300万円ほど稼ぐ人がいるため、Tさんも十分に夢があると判断したのだとか。

 また、このサービスの開業を決意した要因に、ホストクラブに来る女性客の変化があったそうです。

 できるだけ他の人に見られず、ホストと2人きりになりたがる女性が増えているのです。こうした客は、ホストに自分のことだけを見てもらうことを求めるのだとか。

「彼氏代行サービスでは1対1でデートをするので、本当の恋人にかなり近い体験ができます。こうした本物感覚を多くのお客様が求めていることに気付きました」(Tさん)

あわせて読みたい

「デート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。