記事

新型コロナウイルス 検査をすればどこにも陽性者はきっといる 日本の現場の医療レベルとの乖離

昨日も書きましたが、和歌山、沖縄、愛知、北海道等の新たな感染者も出現し、もう本当に全国規模となっています。

>「当時武漢市から来た人が無症状のままウイルスを持ち込んでいてもおかしくない。そこから感染した人がいても、初期なら風邪のような症状だから分からない」と感染拡大の経緯を推測。その上で「国内でも発見された症例以上に、水面下で感染が広がっている」と指摘する。

東京のタクシー運転手の感染に中国武漢との接触の関与の情報が上がってますね。

でもね、これだけ既に武漢から人がいっぱい入っていたことがわかっていたのだから、症状なくても感染させる可能性がわかった時から、本来検査をもっと早くおこなっていればこの状況はもっと早くわかったはずなんですよ。そう無意味な水際対策をもっと早くやめれてただろうに。久住先生はこのことを言ってたんですよ。

>クルーズ船の検査に追われる中、民間会社や大学などの協力も得て、1日の処理能力を約1100件に増強。最短15分でウイルスの有無を判定できる検出機器も3月末までに導入する。

物理的に不可能と大臣に言わせたのは誰? ね、やればできるでしょう。私が16年前システム作った時には30分だったけどね。でも3月末導入?相変わらずダメだな。それこそゴジラの映画みたいに早く決めないとみんな死んじゃうよ。

あと船の感染拡大の凄さをよく知る海上自衛隊の医官が、今のやり方じゃダメだずっと言っていたんだよな。なんでそのような言葉が上に届かないのかな?

もちろん今回の新型コロナウイルス感染を水際で食い止めることはどんだけ正しくやっても無理だったと思います。SARSみたいに重症化して感染拡げるウイルスではないので基本無理です。だって風邪引いてるのに仕事する日本人医師見たらわかるでしょう。上気道炎、そう風邪の状態でウイルスばら撒くんですから、風邪で休むことを知らない日本で防げるわけがない。

現場の医師は気づいていたんですよ。だから検査制限が解除されたらこんなに一気に陽性が出てきた。つまりSARSのやり方に固執した現場を知らない人間が指揮をとるとこうなるということなんです。まあ最初は仕方ないんですけど、もっと早く変えて欲しかった。

そして自分で検査はできても、どう民間を使って拡充することができるかを知らない研究者をアドバイザーにしても、社会的対応というスピードを持った施策はできないんです。新しいものに対処するときはいろいろな力を借りてフットワークを軽くしないとダメなんです。他人にデータを渡してもいいんです。

自分の仕事が使われなかったことを含めて、今の日本の感染対策、特に防衛力として悲しい限りです。

今村先生のバズフィード 記事です。

>「一般の人ができる予防策はこれまでと変わりません」

しつこいですが再掲します!

少し過激な文章になったことをお詫びします。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  4. 4

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  5. 5

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  6. 6

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  7. 7

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  8. 8

    関心すら持たれぬ野党は自業自得

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    10万円給付コスト「ありえない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    履歴書を回し見された…退職検討

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。