記事

大丈夫なの?東京五輪 竹田恆和氏は賄賂疑惑でJOC会長を退任

不正疑惑が浮上し、記者会見を開いた竹田会長(当時)。一方的な弁明が読み上げられ、7分で終わった(写真/アフロ)

東京五輪の会場となる新国立競技場(写真/アフロ)

 東京での五輪開催が決定した2013年9月7日以来、大小様々なトラブルが頻発。きちんとした説明もなされず、責任者の存在も曖昧なまま、やり過ごされたケースも少なくない。そんなトラブルの中で、もっとも重大であるのが。「賄賂疑惑」だ。

【別写真】東京五輪の会場となる新国立競技場を空撮!

◆竹田恆和氏が不正疑惑でJOC会長を退任

 昨年1月、JOC元会長の竹田恆和氏(たけだつねかず・72才)が理事長を務める東京オリンピック・パラリンピック招致委員会が招致の際、シンガポールのコンサルタント会社に200万ドル(約2億2300万円)を支払ったとして、フランス司法当局から「賄賂にあたる可能性がある」と公式調査を受けていたことが明らかに。

 竹田氏は記者会見で、「正当な業務対価」と答えたが、3月にはJOC会長の退任を表明。IOC役員からも退くこととなった。竹田氏は終始、賄賂を否定していたが、「五輪は汚職漬け」というイメージが広がった。

 関西学院大学社会学部教授の阿部潔さんは、以下のように解説する。

「2016年のリオ五輪も、承知関係者が2019年になって招致買収を認めましたが、大会が終わってからそうした不正が発覚し、捜査が本格化します。東京も、2016年にリオとの競合で敗れているため、もう一押しが必要と、票の買収に走ったのではないかと推測されます」

 賄賂疑惑は竹田氏の辞任をもって、結局のところ、うやむやになってしまった。

※女性セブン2020年2月27日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  4. 4

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  7. 7

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。