記事

韓国では“感染者追跡アプリ”が物議…正しく怖がるために若新雄純氏「治った人の情報を」

1/2


 日本国内で、1月30日に武漢市からチャーター機第2便で帰国し“陰性”だった男性が、自宅待機中に発熱し新型コロナウイルスの感染が発覚するという初の事例が確認された。この男性と濃厚接触者である家族がどのような生活をしていたのか、厚労省は埼玉県在住ということ以外の詳細は明らかにしなかった。

 一方、韓国では、政府が発表した資料をもとに作成された通称「コロナマップ」に関するサイトやアプリなどが次々に登場している。コロナマップでは感染者ごとに立ち寄った時間や場所が公開され、「さすがにやりすぎだ」という批判もあるが、日本政府はその詳細な情報は出していない。



 感染者の情報はどこまで開示するべきなのか。慶応大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏は「今回の件は個人の問題として考えるものではなくて、社会の問題。プライバシーの配慮は必要だと思う。悪意を持った犯罪者の居場所は突き止めるべきだが、今回の感染者はべつに広めたいと思っているわけではないし、誰だって感染者になる可能性はある。テクノロジーを使って冷静な判断ができるような、ここの病院に行けば診てもらえる、こういう場合はこう対応するといった情報を出してほしい」と指摘する。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  6. 6

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    柄本時生結婚 妊娠には触れるな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。