記事

武漢で感染拡大招いた4万世帯参加の「万家宴」 意外な真相

1/2
春節を前に武漢の4万世帯が集まった(写真:新華社/アフロ)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、各地の国際イベントに波及し始めた。スペイン・バルセロナで毎年開催される世界最大のモバイル見本市は中止となり、上海で4月に予定されていたF1中国グランプリは「状況が改善するまで」延期が決定した。歴史作家の島崎晋氏は、新型肺炎の発生地である中国・武漢で「感染拡大の一因」と報じられた、ある大イベントに注目する。

 * * *

 中国武漢発の新型コロナウイルスの猛威はいまだ衰えるところを知らない。中国政府が認めているように、当局の初動対応に問題があったことは否めない。昨年末と言わないまでも、せめて年明け早々に詳細な事実が公表されていれば、春節(旧暦の正月)の移動を控える人はもっと多く、武漢市内で大イベントが開催されることもなかったはずである。

 ここで言う「大イベント」とは、「万家宴」という大食事会を指している。

 2月に入ってようやく、日本の各メディアもこのイベントについて言及し始め、2月8日付けの『読売新聞オンライン』には〈武漢『伝統の大宴会』感染拡大に拍車か…1月半ば、市場近く4万世帯〉という見出しが躍った。本文には〈1月半ばに開かれた地域住民による伝統の大宴会が、感染拡大に拍車をかけたとみられる〉〈4万世帯以上が料理を持ち寄って歓談する伝統行事「万家宴」〉などと書かれている。

 同記事には、市中心部で約18万人が居住する集合住宅エリア「百歩亭」が万家宴の会場だったとあるが、筆者には「伝統行事」という部分が引っ掛かった。貴州省のトン族の村に伝わる「百家宴」という伝統行事なら耳に馴染んでいる。過去に日本の複数のメディアでも取り上げられ、それへの参加を売り物にするツアーまで組まれるほどだから、アジア旅行好きの人であれば認知度が高いはずである。

 それに対して、武漢の万家宴は初耳であった。2月10日付けの『テレビ朝日ニュース』に至っては、万家宴を〈春節の到来を祝う中国南部の伝統行事〉とまで記しており、ますます頭が混乱してきた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。