記事

元日産代表取締役 グレッグ・ケリーが語る“ゴーン逃亡”の困惑「え、いつ? どうやって?」 「私の裁判に何か悪い影響が出てくるのではないか」 - 「文藝春秋」編集部

 日本中が騒然となった昨年末のカルロス・ゴーン氏(元日産自動車会長)の海外逃亡。ゴーン元会長事件のもう1人の逮捕者、グレッグ・ケリー氏(同社元代表取締役)は、元上司の逃亡をどう受け止めていたのか。

 一報を聞いたのは、12月31日未明だったという。

「私は、寝ていたところを、突然、アメリカにいる息子からの電話で叩き起こされました。『ニュースを見た?』と尋ねてきたのです。最初は何を言っているのかわからなかったのですが、パソコンを開いてみると仰天しました」


グレッグ・ケリー氏 ©文藝春秋

米国に帰りたくても帰れない

「私はびっくりしました。『え、いつ? どうやって?』という世界中の人々と同じ疑問を持ったのです」

 ケリー氏とゴーン氏、そして法人としての日産の刑事責任を問う裁判は、共に進められることが決まっている。ところが2018年11月の逮捕から1年以上たっても、公判で取り上げるべき争点や証拠を絞り込む公判前手続きに手間取り、裁判の日取りさえ決まっていない状態だった。

 ケリー氏は保釈中で、都内に暮らす。故郷の米国には、帰りたくても帰れない身だ。そんな状況のなかで起きたのが、ゴーン氏のレバノンへの逃亡だったのだ。

「逃亡」の一報を受けて、ケリー氏の脳裏に浮かんだのは、自らの裁判へ深刻な影響を及ぼすのではないかという懸念だった。

「ゴーンさんがいなくなってしまった」

「ゴーンさんの証言は私の無罪を導く有力な証拠の一つになると思っていました。

 そのゴーンさんがいなくなってしまったのです。

 私は混乱しました。私の裁判に何か悪い影響が出てくるのではないかという不安が頭をよぎりました」

 ゴーン氏がベイルートの豪邸でキャロル夫人と祝杯を挙げ、脱出の成功を祝っていた頃、日本に残されたケリー氏は、自らの裁判の先行きを案じていたのだ。

 主役はいなくなったが、ケリー氏を被告とする裁判は今年中にも開かれる予定だ。ケリー氏は連日、来るべき裁判に備え、検察側から開示された証拠を読み込む日々を送っている。心の支えとなっているのは、来日している夫人だという。

 ゴーン元会長事件とは、いったい何だったのか。「文藝春秋」3月号および「文藝春秋digital」に掲載されているケリー氏の手記「ゴーンさんに日本の法廷で証言してほしかった」には、ゴーン氏逃亡の裁判への影響を案じる心情、そして新聞報道からは見えなかった「事件の真実」が詳しく記されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年3月号)

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  6. 6

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    柄本時生結婚 妊娠には触れるな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。