記事

はあちゅうさんは今日も元気に世界の中心で自己愛を叫ぶ - 山本一郎

1/2

 お呼ばれがあって京都に立ち寄ったのですが、中身はスマホだけど外見はガラケーという、いわゆる「ガラホ」を使っているお婆さんに着物を着た京都の人が「ガラケーどすか? スマホは信用なりませんなあ」と親しげに話しかけているのを見て、「こういう人を信用しちゃだめだぞ」と心から思ったわけです。

【Twitter】Buzzfeedの取材に対するはあちゅうさんのツイート

 で、みんなが大好きな作家の「はあちゅう」こと伊藤春香さんがネットで暴れていると聞いて、そろそろ春本番かと思い見物に行ってまいりました。

自己愛による認知の歪みって素敵だなって心から思います

#metoo の時の丁寧な取材で信頼していたので血液クレンジングについての取材依頼をノーギャラ、写真・原稿確認ナシの条件で受け子供なんとか預けて取材に行ったら

「取材を受けるのは炎上を利用した売名行為ではないですか?」 

と聞かれたのはびっくりした&悲しかった。依頼したのそっちなのに…と

 はあちゅうさん、怒ってますね。図星だったんでしょうか。当のBuzzFeedで取材を担当された神庭亮介さんが「そのような発言は一切していません」という大技カウンターをかましてネット民を湧かせており、自己愛による認知の歪みって素敵だなって心から思います。


©iStock.com

 もちろん本件は、はあちゅうさんに対して「BuzzFeedの取材を受けたこと」ではなく、「美容などの情報提供を騙って、効果がはっきりしていない血液クレンジングなどニセ医療関連のブログを書いていたこと」について、炎上を利用した売名目的だったのか、と神庭さんがインタビュー中はあちゅうさんに尋ねた、というのが実際のところです。

今度は私にうんこを投げて来られました

「BuzzFeedは、さんざんはあちゅうさんを#metooなどの告発記事で利用してきた。なのに、ノーギャラの取材依頼に応じたはあちゅうさんをBuzzFeedは『この女はどうせ売名で取材を受けたんだろ』と思っている」とはあちゅうさんはずっと思い込んでいた、ということがこの内容で分かったのは大変な収穫です。それ、完全に勘違いですよね。

 と思ったら、今度は私に向かってはあちゅうさんがうんこを投げて来られました。

ちなみに宋美玄先生とは面識がないのですが、以前、山本一郎さんと一緒になって、ツイッター上で私の二の腕が太い、などの容姿批判をしていたので、何年も前からブロックしています。容姿で殴ってくる人、好きじゃないので...。

 私、そんなこと言ってねーよ。

それ書いたの、はあちゅうさん自身ですよ

 検索で見返したら、6年半ほど前のはあちゅうさんの書き込みを私がリツイートし、それを女医の宋美玄さんが被せて言及しただけであることが分かりました。それ書いたの、私じゃありません。はあちゅうさん自身ですよ。酷い。酷すぎる。

私の知名度なんてかなり限定的なものだけど、知名度がつくということは毎日毎日会ったこともないモテなそうなおっさんに、お前の言ってることはいいとか悪いとか老けたとか顔がでかいとか二の腕が太いとかバカだとかセックスさせろとかしたくないとかいろいろ言われるもんなんだなぁ。

 ご覧の通りです。お前が自分で書いたんや。

 きっと太ましい二の腕に悩んでいるのは図星なんでしょうが、この流れでいくと、二の腕を揶揄したのが私になっている以上、はあちゅうさんのツイート内にある「会ったこともないモテなそうなおっさん」とは私を暗喩している可能性が俄然高まります。しかしながら、私がはあちゅうさんに「セックスさせろ」などと言うはずもありません。

 そうでなくても、はあちゅうさんは「教えてハゲの人ヽ(・∀・)ノ→ハゲは何故独特な髪型でハゲを隠そうとするのかwwwwwwwwwwwwwwwwww」とか「電車で隣に座ったデブがあたたかくて幸せでした…。デブは冬が旬です」などと、結構平気でいろんな暴言をお放ちになられます。その誉れ高いお人柄から繰り出される鋭角のクソの投げ込みが芸術的だからこそ、はあちゅうさんは人気なんですよね。わかりますわかります。

 やっぱこう、他人にクソを投げておいて、他人からクソを投げられるとクソまみれになって「クソだらけになった! 傷ついた!!」と怒るあたりがはあちゅうさんの優れた作家性の源であり、人気の秘訣であると言えるでしょう。自らクソまみれになっておいて「責任は自分にはない。虐げられているのだ」と主張する、まさに「プロ被害者」のようであります。

ご子息の虐待通報騒動も……

 先日も、不用意にはあちゅうさんご自身の生まれて間もないご子息の可愛らしい動画をアップしたところ、一見ぐったりしているように見えなくもないため児童虐待をネット上で疑われて通報が殺到し、ご自宅に心配した警察官が3人やってくるというネタがありました。

 第三者的には、この児童虐待を疑わせる動画で警察官が訪問したことが事実なのかもはっきりしませんが、さっそくワイドショーネタになるや、これまたほうぼうで馬鹿にされて可哀想です。

#はあちゅう さん、児童虐待ネタでエア警察沙汰を演出した疑惑をかけられBPO事案にされてしまう

https://note.com/kirik/n/nfb590dbb8ea4

 さらには、かつてはあちゅうさんに取材に来たライターの女性に対して、はあちゅうさんが名刺を出して挨拶しなかったことを「失礼である」と実名暴露されておりました。これを受けて、逆にはあちゅうさんが怒って「お金のために、嫌いな私に取材しなくちゃいけなくて申し訳ありませんでした」と反応。いや、名刺を出して挨拶しないから無礼なんじゃないのと言われているだけであって、誰もお金のために働いているとも、はあちゅうさんが嫌いだとも書いてないから、と総ツッコミを受けておられて素敵です。

 言われてもいないことを拡大解釈して怒る。これがはあちゅうさんの薫り高い芸風のブレない根幹にあります。

あわせて読みたい

「はあちゅう」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  8. 8

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。