記事

覚醒剤で逮捕の槇原敬之、デビュー30周年プロジェクトも失敗か

 歌手の槇原敬之が、2月13日、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。港区のマンションで、覚醒剤を含む粉末0.083グラムを所持していた容疑だ。

 槇原容疑者は、1999年にも覚醒剤で逮捕されており、このときは懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が言い渡されている。

 このとき、警察の留置所で過ごした約20日間の苦労を、槇原容疑者は朝日新聞にこう語っている。

《あのころ僕は本当に自分のことしか考えていなかった。ファンへの感謝を忘れ、スタッフの力添えがあってこそ歌手として成功できたことに、おろかなことだけど、捕まるまで気づかなかった。逆に、あのとき捕まっていなかったらと思うと怖くなる》(2005年5月7日)

 もともと『どんなときも。』(1991年)、『もう恋なんてしない』(1992年)などのヒットメーカーとして知られていたが、逮捕を乗り越え、2003年に作詞・作曲したのが、SMAPに提供した『世界に一つだけの花』だった。これが最終的に300万枚を売り上げる記録的ヒットとなった。

 その後の音楽活動は順調だった。

 2015年には、『超えろ。』が関西テレビの社歌となり、2019年春には、選抜高校野球の入場行進曲が『世界に一つだけの花』と『どんなときも。』に決まった。「平成を象徴する曲」として、槇原容疑者の代表曲が甲子園に流れたことになる。

「実は、大麻や覚醒剤など薬物事件で逮捕されたミュージシャンのCDが販売停止となるのは、1999年の槇原敬之の逮捕がきっかけだと言われています。今回の逮捕で、槇原容疑者の音楽が再び市場から消える可能性が高いと思われます」(音楽業界に詳しいライター)

 2019年10月から、デビュー30周年プロジェクトとして、大々的なキャンペーンが始まっているが、今回の逮捕で大失敗に終わる可能性が高い。

 かつて本誌のインタビューに「『どんなときも。』は自分に向けた応援歌なんです。もうこれ以上の苦しみはないぞという思いを込めた」と語っていた槇原容疑者。再びの逮捕で、頭の中には自分の曲がリフレインしているのかもしれない。

あわせて読みたい

「槇原敬之」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  9. 9

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  10. 10

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。