記事

日本人の生活信条がブレーキとなっている

明治のころから日本人は、「まじめに働き、必要なモノは買うが、ムダ遣いはしないで、あまったお金は貯蓄しておく」の、4つを叩き込まれてきた。

この4つの生活信条は、東洋の1小国にすぎなかった日本を世界第2位の経済大国にまで押し上げる原動力となった。

勤勉は日本人の代名詞となったし、朝から晩まで働いて得た収入で家電製品などを次々と買い揃えていったことで、企業の設備投資を煽りまくった。

その上で、ムダ遣いはせず貯蓄に励んだから、預貯金はどんどん積み上がっていった。

積み上がった預貯金マネーは、これまた一銭の無駄もなく企業など産業界へと流れ込んでいった。

お金をフル回転させることで、日本経済の規模はどんどん大きくなっていった。 国民の所得も伸びる一途となった。

素晴らしい働きをした生活信条だが、日本経済が成熟化していくにつれて、マイナスの作用を及ぼし出したのだ。

日本人は相変わらずまじめに働いている。 しかし、2番目と3番目の生活信条が大ブレーキとなってきた。

欲しいモノは一通りそろって、買い替え需要が主体となってくるや、個人消費の総額は一気に落ち込みだした。

そこへ、昔からのムダ遣いはしないの生活信条が効いて、預貯金マネーだけが大きく膨れ上がっていった。

ところが、企業は設備過剰に苦しんでおり、資金需要は減退している。 日本全体の金利も下がっていく。

こうなってくると、個人消費は低水準となり、膨れ上がる一途の預貯金も、貸出し先がなくなる。

日本全体で、お金の回転に急ブレーキがかかってしまった。 これが、この30年間、日本経済がジリ貧に喘いでいる背景である。

この状態を打破するには、第3の信条である「ムダ遣いはしない」を改めるしかない。

すなわち、モノではない方向での個人消費を、なんとしてでも高めるのだ。 そういった政策が急務である。

国民が文化・芸術・教育・スポーツ・技術・寄附・NPO・ボランティアといった方向で、どんどんお金をつかうように仕向けるのだ。

そうすれば、モノではない方向で新しい産業が生まれてくる。 それが、成熟経済の活性化である。

ところが、国のやっているのは相も変わらず企業の投資に期待する政策ばかり。

その上で、働くな改革(?)で第1の生活信条さえも、ぶち壊そうとしている。 これでは、日本経済に活気が戻るはずがない。

国に頼っていてもらちが明かない。 われわれ民間が意識して、お金を有意義につかっていこう。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。