記事

新型肺炎、中国便減少でプライベートジェットへの需要増


[モントリオール/北京/シンガポール 13日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国や香港からの航空便運航が減少する中、財界幹部などの話によると、他地域への退避を望む富裕層の間でプライベートジェットへの需要が高まっている。ただ、渡航制限や乗員の感染への懸念などから、プライベートジェットの利用増加にはつながっていないもようだ。

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、キャセイパシフィック航空<0293.HK>やシンガポール航空<SIAL.SI>などアジアの航空会社は大幅に便数を減らしている。

コンサルティング会社アセンド・バイ・シリウムによると、中国との間の国際線や同国の国内線の便数は1月23日から2月11日までに34%減少した。

こうした中、中国国内に残された人々は政府主導の退避に頼らざるを得ない状況だ。財界幹部などによると、資金のある人はプライベートジェットをチャーターするという選択肢がある。

しかし、プライベートジェット運航会社によると、厳しい検疫条件や中国籍の人々に対する渡航制限、乗員の安全への懸念から、中国便を運航する業者は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時と比べ、ごく一部に限られているという。

シンガポールを拠点とするチャーター便運航会社マイジェット・アジアのローガン・ラビシュカンサー最高経営責任者(CEO)は「今回は運航会社や各国政府がウイルスの影響を受けている国へのプライベートジェットの利用に多くの制限を設けている」と指摘。「企業幹部はアジアを出入りすることを恐れ、困惑している。航空機の乗員も飛行に不安を抱いている」と話した。

プライベートジェット会社のビスタジェットとネットジェッツは、中国便の運航を停止したとしている。また、航空機メーカーのガルフストリームとボンバルディア<BBDb.TO>は今週のシンガポール航空ショーへの参加を取りやめた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。