記事
  • ヒロ

新型肺炎がもたらす中国中枢部の激震

1/2
日露戦争の際、ロジェストヴェンスキー率いるロシアバルチック艦隊は遠路はるばる極東に向かいますが、日英同盟の効果があり、英国海軍は先回りしてバルチック艦隊の補給路をひたすら邪魔します。ロシアと近い関係だったドイツがサポートし、アフリカでの給油はかろうじてできるほど迷走し、乗務員の士気は落ち、その後の連合艦隊との戦いでの敗戦への遠因となります。

今、クルーズ船がその停泊地を求めてさまよう姿を見ているとこのロシアバルチック艦隊の迷走ぶりがすっと頭に浮かんできてしまいます。バルチック艦隊は本質的に強かったのか、という疑問に立ち返るとロシアの皇帝、ニコライ2世の独裁覇権主義にあり、ロジェストヴェンスキーのように優秀かもしれないけれど実務経験がない男にその運命を託す間違いを犯すことになるのです。

中国がこの20年で急速に力をつけたのはご承知のとおりでありますが、その力とは外国からの技術の導入と安価な輸出産品、そして13億人の人口を背景とした購買力に多くの国は「言うなり」になってきました。しかし、その統治の裏には一部の政治家が野心に燃え、同じ、共産党という枠組みの中で激しいつばぜり合いを行う身内同士の戦いがずっと続いてきました。

世界での覇権を進め、国内では政争を繰り返すスタイルはがロシアが日露戦争敗戦後にロシア革命につながっていく直接的原因になったこととどうしてもイメージが重なってしまうのであります。

今回の新型肺炎の対策には習近平国家主席の影は薄く、李克強首相の指導力が目立っていると報じられています。この「報じられている」というのが事実関係よりも意味ある点であります。国民意識が習近平体制の弱体化を如実に表しているともいえるのです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  3. 3

    人の時間は無駄 非情なユニクロ

    文春オンライン

  4. 4

    うがい薬問題 PCRの曖昧さが露呈

    自由人

  5. 5

    臨時国会なしで妥協 野党の本音

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    強い女性描かれぬオタク向け作品

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    「悪い感染とは」観光庁側を追及

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  9. 9

    「GoToテレビ」と言い出す可能性

    krmmk3

  10. 10

    PCRでも100%安全ない 医師が指摘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。