記事

望まぬ妊娠も…“真剣交際”なら未成年も性行為OK? 「条例だけでは不十分」の声も

1/2

「ネットやSNSの普及により、子どもが見知らぬ大人が親しくなり、性行為に及んだ場合に処罰対象にならないケースが出てきている」。そんな危機感から大阪府が2月議会に提案する、「青少年健全育成条例」改正案が話題を呼んでいる。

 改正案では、脅迫するなどして性的関係を結ぶような場合や、自己の性的欲望を満足させるための対象としてのみ扱っているような場合について規制の対象とする一方、「真摯な交際関係における性行為又はわいせつな行為は規制対象ではありません」との考えを取っている。


大阪で児童にかかわる性犯罪事件に携わっている奥村徹弁護士は「現行の条例にも欺瞞、威迫、困惑などの要件は入っていたが、普通に知り合って性行為に及んだ場合、ほとんどが検挙できない状況にあったため、僕は“淫行特区”と呼んでいた。今回の改正はそれらに加え、婚姻等を目的としない性行為一般を含めるというもので、すでにそうなっている他の県に揃えるということだ」と話す。

 これに対し大王製紙前会長の井川意高氏は「性的欲求を満たす目的ではない性行為というものが果たして存在するのだろうか。結婚をするということイコール真摯な交際になるのだろうか。フランスでは婚外子が過半数を超えているし、その意味では従来の大阪の方が先進的だったと言えるのではないか」と問題提起すると、奥村弁護士は「手段を限定して処罰範囲を明確にしたということであり、刑罰法規としては限定している方が分かりやすいと言えるのではないか。ただ、この条例そのものが保守的な家族観・結婚観を前提としているし、そもそも福岡県青少年条例違反の最高裁大法廷判決(昭和60年)で示された“みだらな性行為”の前提を元にしているので、その意味ではかなり古く、実情に合わないところもあると思う」と説明した。

■裁判所に“真剣交際”がジャッジできるのか?


そして、“真摯な交際”、いわゆる“真剣交際”を、誰が、どのように判断するのだろうか。街で話を聞いてみても、「そもそも交際って、真剣以外に考えられないと思う」(16歳の男女)、「将来結婚しようとお互いに決めているのが真剣交際というものなのではないか」(21歳男性)と、若者たちは困惑気味だ。

 この点について奥村弁護士は「真剣かどうかは裁判所が決めるし、真剣かどうかというのは定義することができない。最高裁の判例についても、結局はどのような行為が真剣交際にあたるのかは分からないし、他県の条例で真剣交際と認められた例が参考になるのだと思う。その典型的なものでは、神戸地裁尼崎支部の判決(平成29年)がある。17歳女性がアルバイト先で知り合った男性にクッキーや手紙を渡して、男性の方が交際を申し込んだ。その後、カラオケボックスで性行為をしているところをカラオケボックスの店員に見つかり通報されたものだが、これは真剣交際だと認められ無罪になった」と話した。

 すると井川氏は「学生時代(東京大学法学部在学中)、憲法学の権威・樋口陽一教授(当時)の卒業試験が“淫行条例について述べよ”というものだったが、権力が人間の内面に踏み込むことに嫌悪感を抱いている私は“はっきり言って罪刑法定主義に反するし間違いだ”と書いた。いつもは成績の悪い私が、このときだけは“優”だった(笑)」と回想。「そもそも全国の自治体で条例を作るくらいなら、国会で法律を作ればいいはずだ。しかしそれをしないのは、この問題が法律に馴染まない、法律で定めるべきではないものだと知っているからではないか」と指摘した。


井川氏の指摘を受け、深澤諭史弁護士も「本来は法律で決めるべきことであって、条例でバラバラ決めるのはどうかと思う」とした上で、「法律というものは“最低限”を定めるものだし、国は私的領域にどんどん踏み込むべきではないし、奥村先生の指摘通り、“真剣”について裁判所が審議することになるし、捜査もしなくてはならなくになる。それは“どちらから告白しましたか?ラブレターはどんな内容だったのですか?最初のプレゼントは何だったのですか?その後、食事はどこでしたのですか?”など、2人の交際について国家が尋ね、“国家の考える真剣はこうだが、この人たちの交際は真剣ではない”と裁判所が認定するということだ。もっと言えば、男女交際は真剣でなければダメなのか。そうではない価値観もあってよいはずなのに、それを国家あるいは地方が強制して良いのだろうか」と疑問を呈した。

 また、深澤弁護士は国が定める性的同意年齢が13歳で、結婚可能年齢が男性18歳・女性16歳となっていることについて、「同意年齢の引き上げは検討に値すると思う。そして結局のところ、処罰したところで女性や子どもの傷は癒えない。やはり教育によって十分に防ぎきれていないからこそ、真剣交際だったら良いのか・悪いのかという条例を作らざるを得ないのではないか。真剣交際であっても性病にかかることもあるし、望まない妊娠をすることもあると思う。それは真剣かどうかとは関係がないことだ」とも話した。

あわせて読みたい

「性的虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。