記事

米上院、大統領の対イラン軍事制限決議案を採決へ


[ワシントン 12日 ロイター] - 米上院は12日、イランに対するトランプ大統領の軍事行動を制限する決議案について、最終的な採決を行うための動議を賛成51・反対45で可決した。

共和党から8人の造反者が出た。12日か13日にも最終採決が行われる。

決議案はトランプ大統領がイランに対し軍事行動を取る際に議会の承認を義務付ける内容。

決議案に反対する共和党議員は、イランに間違ったメッセージを送ることになると主張。トランプ大統領も「米国の安全保障にとって、上院が(決議案を)可決しないことが非常に重要だ。イランについては非常にうまくいっている。弱みを見せる時期ではない」とツイッターに投稿した。

トランプ大統領は先月、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害を指示。大統領が攻撃について議会に通知したのは同司令官の殺害後で、民主党議員や一部の共和党議員から批判が出ている。

民主党主導の下院も先月、同様の決議案を可決している。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。