記事

公式と誤認させ高手数料とるESTA代行業者をトップに掲載するYahoo!JAPANの社会的責任

広告費を払えば消費者を誤認させて、高い手数料をとる代行業者を平然と検索トップに載せるYahoo!JAPANに社会的責任はないのか?

アメリカに行く際に、ESTAという電子渡航認証システムに登録しなければならない。

公式のサイトから入力すれば14ドルですむのだが、ESTAで検索すると、まるで公式と誤認させるようなサイトが一番上に出てくる。

サイトに代行業者であることは、はじの方に小さくしか書かれていないし、自分でネット申請すれば14ドル(1500円ぐらい)ですむところ、代行業者に頼めば7000円以上もとられる。

しかもネット入力だけなので、公式だろうが代行だろうが、消費者の入力作業は何ら変わりはしない。

にもかかわらず、5500円もの手数料をとる代行業者を、広告を払っているから検索の一番上に載せる、Yahoo! JAPANの検索エンジンとしての社会的責任は問題にならないのだろうか?

国民生活センターをみると、ESTAの公式と誤認させて高い手数料をとる代行業者が問題になっていることがわかる。

こうした被害がでているにもかかわらず、公式と誤認させるサイトを一番上にのせるのは、いかがなものだろうか?

検索エンジンは、Yahoo!なんか使わずGoogle使えばいいということだろうし、そんな代行業者にひっかかる方もだというのはわかるし、代行業者は虚偽の記載をしているわけではなく、公式と誤認させるような 表示をしているだけだから法的には問題ではないのではあろうが、詐欺まがいともいえる消費者を誤認させるサイトを、そもそも載せること自体大きな問題ではないのか。

国民生活センターに多数の苦情がよせられる、消費者を誤認させる代行業者を載せるようなことは、ぜひやめていただきたい。

あわせて読みたい

「検索エンジン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  6. 6

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    柄本時生結婚 妊娠には触れるな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。