記事

平野レミ、亡き夫・和田誠さんの思い出を語る「悲しくて悲しくて」

 2月12日、『ノンストップ』(フジテレビ系)に料理愛好家の平野レミが出演。2019年10月に亡くなった、イラストレーターで夫の和田誠さんとの思い出を振り返った。

 平野は、2019年7月に和田さんが体調を崩した当時について、「前日まで、ちゃんとご飯を食べていたんですよ。ラッキョウが好きだったから、コリコリ食べていた。あと、卵焼きだったな。肉を焼いたものも」と、和田さんが食べていたものを思い返した。翌日に和田さんは入院し、これが最後の手料理となった。

「本当に和田さん、いない。いなくなっちゃったんだよね」とポツリ。「でも、人間はどっちかが先に死ぬ。絶対にね。どっちかが悲しむのよね。私はイヤだ、こんな悲しい思いをしているの、本当に」と、話した。

 平野は、前日におこなわれた「第93回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式にも出席。特別賞を受賞した和田さんの代わりに、トロフィーを受け取っている。

 平野は「和田さんよかったね。こういうものをいただいて。生きていて、こういう賞をいただければ最高だったと思うんですけど。うちの夫が観ているか、聞いているか、どうしているのかわかりませんけど、とりあえずお父さん、こういう賞をいただきましたよ!」とあいさつ。

 和田さんの人柄について、「うちのはね、家で仕事の話を一切しないの」と明かす。

「家に帰ってくれば、猫をかわいがって、子供をかわいがって。それで私が10時頃まで寝ていると、『はい、お茶ですよ』って言ってくれる。起きろとは言わないのね。すべてにおいて優しいの。

 あまりにも優しい人と結婚しちゃったからね、後がつらいんですよね。イヤなことがあったということなら、こんなに悲しくないんですけど。今、あたし悲しくて悲しくて、悲しくてね。本当につらいんです」

 最後は「もう泣いちゃうからやめますね。いっぱい思い出すの」と話し、お辞儀をすると、会場から拍手が響いた。平野は笑顔を見せながら、会場を後にした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。