記事

「日本を元気にしたい」と話す人が面接で落とされるワケ

1/2
※写真はイメージです 写真=iStock.com/franckreporter

面接で落とされる人は、どこがダメなのか。15万人以上にキャリア指導をしてきた佐藤裕氏は「『日本を元気にしたい!』『地元を盛り上げたい!』と話す人は驚くほど多い。まずは、人の役に立つことで『ありがとう』と言われたいという志などは空虚なものだと認識すべきだ」という——。

※本稿は、佐藤裕『新しい就活 自己分析はやめる! 15万人にキャリア指導してきたプロが伝授する内定獲得メソッド』(河出書房新社)の一部を再編集したものです。

「会社で活躍する」イメージが持てるか

「アメリカに1年間留学して、TOEICのスコアが600から900になりました!」

面接で、このようなアピールをしてくる学生がいます。

きっと、多くの就活生にとって、こうしたことは面接でのアピール材料になると考えているのでしょう。

ですが、これで内定をもらえると思ったら大間違い!

なぜなら、私たち面接官にとってたとえTOEICのスコアが600から900になったとしても、その人が「この会社で活躍できるかどうか」というイメージを持てるかどうかで採用を判断しているからです。

つまり、仮にTOEICのスコアがよくても、社会で活躍できるイメージを持てなければ、内定を出すことはありません。

私たち面接官が本当に知りたいこととは、その人がアメリカ留学の1年間でどんなことを経験して、どんな知識や価値観が生まれ、どんな力を身につけたかどうかなのです。

ここがしっかりと可視化されていて、それがその人のポケットに入っているかどうかが見えると、私たち面接官はその人に興味を抱くわけです。

「キミに2億円の価値はあるのかな?」

「キミに2億円の価値はあるのかな?」

これは、私が持っている採用基準のひとつです。

企業が新しい人材を採用する。そこには、大きなコストがかかっています。つまり、企業にとって採用とは投資でもあるということです。

どんな投資かといえば、新卒でひとりの人を採用したとしましょう。その人に支払う毎月の給与や賞与、さらには経費を合わせると数年間で2億円なんて軽く飛んでしまうのです。

ですから、私は採用するときには、「それをどのぐらいの期間でリターンできる人なのか」という基準をひとつの物差しとして持っています。

では、そうしたその人の可能性や活躍する姿をどのようにイメージするのか。

杓子定規(しゃくしじょうぎ)な面接対応や、冒頭のようなアピールでは、到底そうしたイメージを持つことはできません。やはり、経験から持つことができた価値観や経験から身につけた能力といった点を重要視して判断するしかないのです。

「何をやりたいか」に興味はない

「この会社に入ったら、○○をやってみたいです」

これもまた、多くの就活生が面接で用意している文言だといえます。

ですが、私を含め多くの面接官は、就活生の皆さんが何をやりたいのかなど、実はあまり興味がないのです。

ここで重要なのは、「何がしたい」ではなく、「何ができるのか?」ということ。ビジネスに直結する何かしらの能力を持っていて、それをしっかりとアピールできるかどうか。そこに2億円の価値を決める手がかりがあるのです。

例えば、「私には営業力があるので、さらに成長して会社の事業を伸ばせます」と言えば、「なぜこの子に営業力があるのか」を面接で繙(ひもと)いていきます。

営業力があるという根拠を訊ねていき、実際に新規事業にトライしたことがあって、そのときに営業力が磨かれましたといったロジックがあるかどうかを面接官は知りたいのです。

また、ごくまれに「私は仕事に関しては何もできないかもしれませんが、誰よりも社交的なので部署の雰囲気を明るくできると思います」という就活生がいます。私の物差しでは、このような子は採用します。なぜなら、こうしたケースで私が見ているのは人柄だからです。

その人柄プラス、あとはそれを打ち出す力、それをイメージさせる力。こうした力を持った人を採用した結果、高い確率で活躍する人材になっているというロジックが私にはあるからです。

つまり、私の採用基準では合格ということになります。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。