記事

新型肺炎、開催強行の東京五輪が観客ガラガラ危機 - 新田日明 (スポーツライター)

 深刻に受け止めなければいけない。新型コロナウイルスの感染拡大による悪影響により、世界各地のアジア人差別に拍車がかかり始めていることだ。

 中国・武漢を中心に感染者が増大の一途を辿っていることから、中国からの入国を制限する国や地域は60を超えた。新型コロナウイルスに感染した中国人はついに4万人を超え、死者数もとうとう1000人をオーバーした。こうした現状に世界各地で中国人が〝保菌者扱い〟されて差別的な目を向けられてしまう残念なケースは増えつつあり、この流れによって日本も大きなとばっちりを受けようとしている。

 中国人と日本人の区別がパッと見では判断しづらい。そう思う西洋人は大半だろう。我々日本人からすれば言語や特徴などで見分けは比較的つきやすく容易だが、西洋人にとっては至難の業。欧米諸国に行けば、当たり前のように「日本人、中国人、韓国人、台湾人は、それこそパスポートでも見なければ国籍が分からない」という現地の人たちがたくさんいる。

 逆の目線で考えたら、それは無理のないことだと分かるはずだ。我々日本人だって余程目の肥えた人でなければ、一般層の大半が白人や黒人を見て即座に「あの人はどこそこの国から来た」と見分けをつけられるはずがない。

 そうした背景もあるからなのであろう。中国人と同じアジア圏内に属し、顔つきが非常によく似ている日本人も、さまざまな国において新型コロナウイルスによる〝風評被害〟を受けてしまっているという話を頻繁に見聞きする。

 米国のニューヨークでは先日、マスク姿のアジア系女性が男から「病気持ちのクソ女」などと罵声を浴びせられ、殴る蹴るの暴行を加えられるというショッキングな事件が発生した。新型肺炎などウイルスからの感染を予防するためにマスクを着用していたにもかかわらず、すでに罹患しているものと勝手に解釈されてしまったのだ。その上で一方的な言いがかりと因縁をつけられてしまったのだからたまったものではない。しかも被害者女性が犯行のターゲットとなってしまった大きな理由は捜査中のNYPD(ニューヨーク市警)の読み通り、やはりアジア系であったからだろう。

マスクをした家族。写真は上海(Robert Wei/gettyimages)

 これに関連する日本人の実例をつい最近も耳にした。所用で米国に出かけていたJOC(日本オリンピック委員会)の関係者が、こんなことを言っていた。

 「日本にいる感覚でマスクをつけながら空港やダウンタウンを歩いていたら、すぐに自分が白い目で見られていることに気付いた。『FU○K』と卑猥な言葉まで浴びせられ、身の危険も感じたのですぐにマスクを外しましたよ。欧米ではマスクをしていると病気を抱えているというイメージを持つ人が圧倒的に多い。

 だからインフルエンザが流行する冬場でも公共交通機関を利用していてもマスクをしている人はほとんど見かけません。それでも、この新型肺炎蔓延に対する警戒感が世界的に広がっていることで欧米でもマスク着用の習慣に少しは変化が出るのかなとも思いましたが、それほど変わっていないというのが正直な感想です。

 ただ、やっぱり現地で鋭い視線を向けられた一番の理由は自分が日本人、アジア系で、しかもマスクを着用していたからなのでしょう。そう思うと…。どうしても東京五輪は大丈夫なのかと思わざるを得ません」

 東京五輪の開幕まで、残り半年を切った。新型コロナウイルスの流行が沈静化し、終息宣言が出されるまでには明らかに時間が足りない。しかし東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京五輪・パラ大会組織委員会)の中からは「暑くなる夏にはウイルスの繁殖が抑えられているはずだから問題はない」とする楽観論も聞こえてきている。

 同委員会は新型コロナウイルス蔓延の悪影響で大会開催が危ぶまれているウワサについても強く否定し、対策本部を設置した上で「予定通りに行われる」ことも公式の場で明かした。

会場によっては閑古鳥が鳴いていることにも

 だが、何とか開催に踏み切ったとしても問題は枚挙に暇がないほどに山積している。前出の関係者が指摘するように「マスク=予防」の観念を持つ我々日本人を含むアジア系と「マスク=病気」の考えが比較的に強い欧米諸国の人たちが、果たして東京五輪の開催国・日本で共存できるのかという疑問はどうしても湧く。前出の関係者は、こうも続ける。

 「このまま新型コロナウィルスの流行にブレーキがかからなければ、東京五輪で日本側は非常に難しいかじ取りを強いられることになる。そもそもマスクをしているアジア系の人を嫌がる風潮が強まる中、日本に欧米から東京五輪を観戦するため数多くの人が訪れるのだろうか。そういう『?』も拭えません。

 いや、もっと言えば、今年も酷暑が予想されるであろう夏場の日本では冬場と違ってマスクなど暑くて着用したくなくなる。そうなると、それはそれで逆に人によってはウイルスへの罹患率が高くなるかもしれないという恐怖心も湧き上がってくるでしょう。マスクを着用しようが、あるいはしまいが…。

 欧米の人たちからみれば、新型肺炎の発症国となってしまった中国から近場である上に多数の人も往来し、ウイルスリスクの面で今の日本はどっちになったとしても『安全』とは言い切れない状況に置かれています。多くの人が集まる大会会場の近辺ではアジア系、欧米系など多国籍の観客が混在し、必然的に肩を寄せ合うぐらいのスペースになるのだから、ウイルスへの警戒感を強めて『行きたくない』と二の足を踏む人が増える可能性があることは納得できます。

 大会組織委員会の中には夏場になれば暑さに弱いウイルスは死滅する方向へ向かうという見解も出ていますが、新型なのだからこれまでのデータや通例など当てはまらない。楽観視するのは余りにも早計であり、危険だと思います」

 日本各地の観光名所では渦中に置かれている中国人だけでなく、欧米、その他諸外国からの旅行客も激減しているという。すべては新型コロナウイルスの流行による悪影響だ。東京五輪は開催が強行されても、いざフタを開けてみたら会場によっては閑古鳥が鳴いている――。そんな笑えない事態に陥ってしまうこともあり得なくはない。

 最後に前出の関係者は「大会関係者の1人としては東京五輪を是が非でも成功させたい。ただ、もし自分が開催する側の人間でなければ…。今回ばかりは開催を見送るか、延期したほうが賢明なのかもしれない。あくまでも個人的意見ですが」と口にした。

 それにしても、よりによって東京五輪イヤーに世界がこのような〝非常事態〟に直面してしまうとは正直想像もしていなかった。ここまで東京五輪へ向けた取材を続けている筆者としても、いい言葉が見つからない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。