記事

「白塗り」文書が公文書と言えるのか

桜を見る会に関する公文書管理の問題について、内閣府がある政府資料について、一部を「白塗り」して隠して国会に提出するという問題がありました。

これに関して、内閣府は、国会に対して不適切な報告を多なった事例、と位置付けていますが、同時にこの「白塗り」された文書自体は「新しい、別の行政文書」として、それ自体は法に沿った取り扱いが行われているという認識を示しています。

北村・公文書管理担当大臣も国会で同様の見解を示しています。

しかし私にはこのことがどうも解せません。

ある事柄に対する公文書は、「ひとつ」なのではないでしょうか。

公文書というのはそもそも、行政の意思決定過程が後世においてもしっかり検証できるようにという趣旨で保存されるべきものとして制度化されています。意思決定過程を将来に向けて「見える化」するためのものです。

その公文書が、ある時にはこちらの文書で、あるときには一部が「白塗り」されて隠されたこちらの文書で、というのでは全く説明がつきません。

桜を見る会の問題の中で、問題を糊塗しようと無理な「忖度」をするからこのような珍妙な状態となるわけです。

公文書管理の意義が全く失われていると言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「北村誠吾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。