記事

2月11日(火)ムネオ日記

 プロ野球 野村克也さんが亡くなった。テスト生で南海に入り、ホームラン王、三冠王に輝き一時代を築いた。

 「巨人・大鵬・卵焼き」と言われていた当時、長嶋茂雄、王貞治さんが脚光を浴びており、野村さんは自ら「月見草」と言って反骨精神を示していた。

 「努力に勝る天才なし」を地で行った野村さんの生き様は、私も教えられること大であった。

 16年前、テレビで一緒に出演した時、私の歩き方を見て「鈴木さん、足早いですね」と言われ、びっくりしたものである。

 「名選手、必ずしも名監督にあらず」という言葉があるが、野村克也氏は名選手であり名監督であった。

 「頑張れば、努力すれば男になれる」と実践した野村克也さんの人生を多くの人に学んでほしい。私も活かして参りたい。

 朝の便で札幌に向かい、11時、曹洞宗のご縁でお世話になっている宮の森大乗院薬王寺さんで1年の無事を祈る大般若(だいはんにゃ)祈祷会(きとうかい)、あわせてお孫さんの得度式に出席する。

 さまざまなご縁、特にご先祖様、亡き両親に心から感謝の挨拶をさせて戴いた。

 札幌雪祭り最終日なので大通公園会場に行き会場視察。時折雪が降ってきて風情があった。

 12時から2月のウォーク&トーク(市民対話)を大通公園で行い、国会での質疑等を話す。

 17時、石狩市で新党大地鈴木宗男後援会新春の集い。早いもので10回目になる。

上村支部長、北川幹事長はじめ関係者のご尽力に感謝したい。

 継続は力と言われるが、地道に活動していくことが大事である。これからもしっかりやって参りたい。

※宮の森大乗院薬王寺大般若祈祷会



※札幌雪祭り会場で

※北方領土返還要求署名運動



※ウォーク&トーク





※大地塾2月例会


あわせて読みたい

「野村克也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  9. 9

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  10. 10

    東京圏の爆発的な肺炎拡大に懸念

    藤沢数希

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。