記事

280万人の子ども・若者が貧困リスクにあるドイツ。IT機器の充実より、ソーシャルワーカー・教師といった必要な支援を優先すべき

1/2
日本の地方自治体のなかには、財政難により子どもの給食が驚くほど貧相になっているところもあると、SNS上で話題になっている。その一方で、政府は2020年には小中学校の全生徒にタブレット端末が行きわたることを推奨している。メリットはあるのだろうが、これでいいのだろうか?子どもの7人に1人が貧困レベルにあるとされている日本だが、さらに深刻なドイツの状況について有識者の一人、マルゴート・ケースマン(記事末尾にプロフィール)に話を聞いた。

Photo by Grit Biele

ー ドイツでも、子どもの5人に1人が何年にもわたり貧しい暮らしをしているという統計があります。これは仕方のないことなのでしょうか?

マルゴート・ケースマン:ドイツのような恵まれたはずの国で、これは大変不名誉なことですし、社会がこの問題に慣れっこになっていることも問題です。貧富の差も広がり続けており、私の子ども時代とは状況が違ってきています。

子どもたちは、自分は「大事にされていない」と感じることで自分の貧しさを実感します。親に金銭的余裕がないために、他の子たちのようにスポーツや遊びに参加できない。お金のかかるバレエや音楽などの習い事ができない。ファッションや流行にもついていけなくなる。食事の栄養が足りていないことも明らかで、そういう子どもたちは早い時期からイライラや怒りを感じがち。大変悲しい状況だと思います。

Esi GrünhagenによるPixabayからの画像

ー 政治家の間では、子どもの年齢によって月々360〜503ユーロ(約4万3千円〜6万円)を保護者に支給する案が検討されているようですが、これは解決策になりそうですか?

もっと多くの現金給付がなされるべきと思います。ほんのわずかな支援だけで奮闘しているシングルマザーなんかには特に、子ども手当てを増額し、ダイレクトに支援を届けることが重要。

でもそれはあくまで一要素に過ぎません。それよりも重要なのは、保護者をもっと子どもの活動に巻き込んでいくことです。以前、教会として子どもの演劇プロジェクトに寄付をしたことがあるのですが、保護者は姿も見せませんでした。

ー それは親が関わりたくなかったから?

そもそも親が関わりたくないか、もしくは関わることができないかは子どもたちのせいではありません。私たちはお金だけを与えて参加機会が広がるとは思っていません。社会全体で子どもたちを支援していくべきです。近所に気になる子どもがいれば一緒にイベントに連れて行ってあげるなど、自分ができる簡単なことから始めればよいのです。

Esther MerbtによるPixabayからの画像

ー 近頃の貧しい子どもたちは「第三世代」とも言われています。
その親たちも、あまり社会参加というものを経験していないのかもしれませんね。


貧困状態にあると“疲労感”をもたらします。マイナスの経験ばかりが続き、努力が報われないと、「さあ、子どものために何かしよう」という気分にはなかなかなれません。また親たちに社会参加経験がないと、子どもの前にあるチャンスを見逃してしまいがちです。本来、よほどの状況でないかぎり、親というのは子どもに最善を望むものなのに...。

ー 親が疲れきっていてしっかりサポートできないのなら、親と子を引き離した方がよい?

それよりも、私は小学校入学前の一年間に「義務保育」を提供する考えに賛成です。「人生で最も大事な時期」は小学校に入るずっと前から始まっているのですから。 幼児研究によると、「社会的行動」は1〜3歳で、「学習行動」は3〜6歳の間に発達します。小学校に入る頃にはすでに多くのことが決定づけられているのですから、なるべく早い段階での「介入」が必要なのです。

あわせて読みたい

「子どもの貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。