記事

「許される不倫」と「許されない不倫」があるのか? 鈴木杏樹の海辺デート、格安ホテルは… - 「週刊文春デジタル」編集部

1/2

〈東出昌大と違って、50歳をこえた大人どうしの恋愛だと思う〉

〈女優としての今後の活躍も期待している。プライベートは興味がない〉

〈女性があの年齢になっても恋愛が出来るのはうらやましい〉

【画像】喪服姿が美しい鈴木杏樹。2013年、夫の通夜で喪主をつとめた

 これらは「週刊文春」(2月13日号)が報じた女優の鈴木杏樹(50)と喜多村緑郎(51)の不倫について、SNSに上げられていた声だ。鈴木は1998年6月に外科医と結婚したが、2013年に死別。一方、喜多村には2013年に結婚した妻である元宝塚歌劇団宙組トップスター・貴城けい(45)がいた。鈴木と喜多村が海辺の公園に腰を下ろし、コンビニで買ったフライドポテトを食べたり、その後、鈴木が運転する車で移動し、休憩料金約4000円のラブホテルで一時を過ごすといったデート模様も報じられている。


鈴木杏樹の不倫には同情的な声も少なくない ©時事通信社

 俳優・東出昌大(31)と9歳下の女優・唐田えりか(22)との不倫が大きな話題となっているなかでの報道とあって、SNSや寄せられたコメントには両者を比較するものが目立った。それらのコメントには東出を断罪しつつも、鈴木には同情的であるものが少なくない。

 この2つの不倫への評価を分けた要因は何か。家族社会学が専門の兵庫教育大学大学院学校教育研究科の永田夏来氏に聞いた。

◆◆◆

世間が見るのは「どういう不倫なのか」

 不倫は基本的に当事者たちの問題です。にもかかわらず関係のない外野が盛り上がるというのは、彼らの人間模様に鏡を見るように自分の姿を見ているからでしょう。著名人の不倫騒動に、自分の問題を投影して話しているのです。

 それだけに「不倫をした」ことだけではなく「どういう不倫なのか」に世間の関心は集まります。東出さんの不倫は、文春オンラインの記事「『東出・唐田不倫』はなぜ許されないのか 女性たちが激怒する“イクメンヅラ”3つのポイント」にもあるように、“不倫の内容”に問題がありました。では杏樹さんへの批判をこれほどマイルドした要因はなんなのか。「プライベート売り」「純粋な関係性」「男女”逆転”現象」というキーワードから考えてみましょう。

あわせて読みたい

「鈴木杏樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。