記事

木村拓哉 3年ぶりSMAP曲披露にあった明石家さんまの助言


木村拓哉(47)が2月8日から東京・国立代々木競技場の第一体育館で自身初となるソロライブツアーをスタートした。木村が単独ライブを行うのは、SMAP時代の15年1月以来。1月に最新アルバム『Go with the Flow』をリリースした木村は、発売が決定した際に「CDを出させて頂くので、みんなと騒げる場所も真剣に考えたい」とライブ実施への意気込みを語っていた。

各メディアによると、会場には1万2,500人のファンが駆け付けたという。関係者席には木村と『グランメゾン東京』(TBS系)で共演した沢村一樹(52)や冨永愛(37)を始め、多くの俳優陣が姿を現した。さらに、木村と親交の深い明石家さんま(64)も木村のステージを見守っていたという。

最新アルバムの収録曲を中心に、全20曲を歌唱した木村。SMAPの名曲『SHAKE』や『夜空ノムコウ』も熱唱したという。木村がSMAPの楽曲を歌うのは、16年12月に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で『世界に一つだけの花』を歌唱して以来、約3年ぶりのことだ。

「ソロになった木村さんがSMAPの楽曲を歌うと決心したのは、“おじき”と慕うさんまさんのアドバイスがあったからだそうです。さんまさんが『楽曲はアーティストだけのものじゃない。皆さんとの共有物や』と、木村さんを説得したと聞きました。 普段から“俺は木村派や!”と公言するさんまさんがライブに足を運ぶのも、木村さんを気にかけている証拠でしょう」(芸能界関係者)

歌唱後に木村は、「みんなと自分の共有物をこれからも大切にします」と語ったという。ネットではファンによるコンサートの余韻が広がっている。

《コンサート最高でした。SMAPの歌を歌い終わったあと、音楽はアーティストだけの物じゃない。みんなとの共有物。これからもみんなの歌を大切にしますって言っていて、さすがだなと思いました。かっこよすぎました》

《SMAPの歌を歌う姿に凄まじい覚悟と切なさを感じた。5人で歌ってきた歌をたった1人で歌う事に、どれだけの覚悟があったのだろう。不安だったんだろう。実際歌ってみてどれだけ切なかっただろう。SMAPへの愛もファンへの愛も痛いほど感じた。紛れもなくSMAPのエースだった》

《自分だけじゃなくファンのためにもやるんやで。さんまさんらしい。それをちゃんと自分の中で消化してSMAP時代の歌を歌ってくれたんだなぁ。思い出として大事に守って歌い継ぐために》

あわせて読みたい

「木村拓哉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。