記事

どっちが悪いかは問題ではない

世の中にはどのように説明しても、真意を理解しない方がいるし、神ならぬ人にとってそれもまたやむを得ないこと。

現在の野党の「桜を見る会」などのスキャンダルを巡る一連の戦術が、一部の市民グループにとっては重大であると映っても、大多数のサイレントマジョリティには逆に「またか」と思わせる効果しかなく、逆にまんまと安倍首相の術中に嵌っている懸念がある。だから、安倍首相や大臣の答弁の可否(特に「桜」に関してまともでないことは誰の目にも明らか)とは別の問題として、ほかの重要課題(社会保障、財政、外交)についても少なくとも予算委員会での時間配分上、半分以上は取り上げてその比率を考え直した方が良い、と考えている。

そのような趣旨の提言をしても、「安倍首相が悪いんだからそんなことを言うお前がおかしい」という批判がリベラルを自認する層から寄せられ、「どっちが悪いか」というところから一歩も抜け出そうとはしない。そのような考え方の代表格である毎日新聞の社説も目にした「社説 安倍首相の国会答弁 誰が聞いてもおかしい」)。

しかし、どっちが悪いかはわかりきっていること。国民の大多数は、リベラル派の代表格のようなこの社説が行っているその点についての安直な批判など十分に理解している。

彼らは、自分たちが支持している政党が、堂々廻りを繰り返していると、国民からはどっちもどっちとしか思われなくなってしまって呆れられてしまう、ということにいつ気付くのだろうか。それは野党にとって得策ではない、と誰もが思っているのに。

あわせて読みたい

「桜を見る会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。