記事

EU崩壊の始まりか?

 イギリスにおけるEUからの離脱の是非を巡る国民投票から約3年、国内では主に北アイルランドとアイルランドの国境対策を中心に混乱が続いていたが、下院議員選挙の結果を踏まえて、ジョンソン政権は昨年末に離脱を正式に決めた。今年一年をかけて離脱後の英EU間の新しい関係構築が話し合われるが、交渉が不首尾に終わったとしても逆戻りすることはなくなった。両者とも不退転の決意で、離脱後の交渉に臨むだろう。

 今回のイギリスのEU離脱は、EU側の財政や社会制度の厳しいルールに反発したことや、中東からの難民受け入れに関する否定的な国民感情から端を発したものだが、第二次世界大戦後のヨーロッパの新しい秩序作りであるECSC(欧州石炭鉄鋼連盟)、EEC(欧州経済共同体)、EC(欧州共同体)そしてEU(欧州連合)という、拡大を続けた国家間の統合の流れを逆回転させるという、歴史的な転換を意味している。

 3年前の国民投票の結果をめぐっては、それが間違いであったとか、もう一度やり直すべきだとの世論も相当高まったが、イギリス政府はそのような修正を受け入れなかった。国政の重要課題について、直接国民に聞くという国民投票の危うさや難しさをまざまざと見せつけられた。わが国でも憲法に限らず、一般的な国民投票導入の是非について、様々な意見が取り交わされているが、大いに教訓としなければならないだろう。

 今後のイギリスは単独で生きていかなければならないが、EUとの関係や他の国々とのFTAやEPAの交渉を急ぎ、経済の安定を目指さなければならない。一方のEUもこれ以上離脱国を増やさないためにも、EU司令の内容や出し方、強制力の強さなど、再検討をしなければならない。戦後の国家間の統合という壮大な実験とその成果を、決して無駄にしてはならないはずだ。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。