記事

東京五輪中継 NHK進行本命は和久田アナ、中継は杉浦vs副島

今やNHKのエース

杉浦友紀の復活はあるか

 東京五輪の「代表争い」が佳境を迎えているのはアスリートだけではない。各局の顔たちが、“金色のマイク”を握るべく、最終選考に臨んでいる。お家芸の柔道、体操から陸上、競泳、ソフトボールまでメダル期待競技の中継を担うNHKの場合はどうか。

【写真】芝の上での取材も似合う白ブラウスを着た杉浦友紀アナ

 1月から月イチ放送がスタートした五輪前特番『2020スタジアム』で進行役を務めたのが、『おはよう日本』MCの和久田麻由子アナ(31)だ。

「昨年の紅白歌合戦で総合司会を務めた和久田アナは、いまやNHKのエース。五輪番組MCの大本命です。前年まで紅白司会を務め平昌五輪でMCを務めた桑子真帆アナ(32)も実績十分ですが、今回は和久田アナでしょう」(NHK局員)

 長くスポーツキャスターとして活躍してきた杉浦友紀アナ(36)も「現場レポート枠で名前が挙がっている」(同前)というが、そこに若手でライバルが現われた。入局5年目の副島萌生(めい)アナ(28)だ。

「2018年から『サタデースポーツ』、『サンデースポーツ』のMCを担当しており、サッカーロシアW杯でも安定した司会を見せた。抜群のスタイルも“杉浦アナに負けていない”とネット上で話題になっています」(テレビ誌記者)

◆写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2020年2月21日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  10. 10

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。