記事

眉村ちあき、O-EASTワンマンで魅せた無邪気さと大人っぽさの狭間

メジャー2ndアルバム『劇団オギャリズム』の発売記念のワンマンライブを開催した眉村ちあき

2020年1月13日、東京・渋谷O-EASTにて眉村ちあきの年明け初ワンマンライブ「ちのてきこえん! 第704回 渋谷編〜新春あけおめ☆アルバム『劇団オギャリズム』発売記念SP〜」が開催された。本公演は、彼女のメジャーセカンドアルバム『劇団オギャリズム』の発売を記念したリリース後初のワンマンライブ。新アルバムには、彼女の魅力である無邪気さと大人っぽさの両面が見えてくるような楽曲が多く収録されている。ライブでは、どのようなパフォーマンスで魅せるのかワクワクしながら会場へと向かった。

チケットがソールドアウトした会場は老若男女問わず多くのファンで一杯になっていた。開演前のステージには舞台幕が下ろされており、「劇団」という名前にちなんだ演出を予期させる。

客電が落ちると、居酒屋店員に扮した眉村が登場。「効率」を重視する店長(音声)に、不器用でも愛を届けようとする眉村が叱られるという寸劇が始まった。「お客様に一番の笑顔で一番愛を持った接客をすることを誓います!」という宣言をして幕が開くと、「顔面ファラウェイ」からライブが勢いよくスタート。そして、「スーパードッグ・レオン」、「壁見てる」と新アルバムの楽曲を披露していく。続く「壁見てる」では、ステージ上に用意された高台に登り、コールアンドレスポンスで大きく盛り上がるという場面も。


Photo by 樋口 涼

MCでは、『劇団オギャリズム』の発売に関して眉村が「これはみんなの作品だから、私からおめでとうと言わせてください!」と無邪気な笑顔を見せ、会場からは「ありがとう!」と声があがる。と言うのも、新アルバムにはこれまでのライブを通して出来上がっていった楽曲が多く収録されているからだ。ライブの即興演奏から曲が生まれたということもあり、眉村と観客の一体感が、このライブをさらに加速させているのだ。

ライブ初披露のバラード「チャーリー」は、ギターを持たずマイク一本で歌い上げた。彼女の歌唱力がより際立ち、先ほどまでの子どもっぽさから一転、表情も少し大人になったようだ。曲の中で彼女は、「こうやって 見ると それぞれの大人があって 精一杯の背景を背負いながらもがいてる」と歌う。その両面を持ち合わせ、表現ではその間を行き来する彼女にとって、やはり「子どもから大人へ」が1つの大きなテーマになっている。はちゃめちゃ子どもなのか大人なのか、その両極端に振り切るだけではなく、その狭間で揺れ動く心情がパフォーマンスに表れているように感じた。


Photo by 樋口 涼

しかし、大人な面を見せると、子供っぽく戻るのが眉村ちあきだ。「ラーメンにお湯を注いで」という歌詞から始まる「夏のラーメンワルツ」では、実際にカップラーメンにお湯を注ぎ、曲の途中で完成したラーメンをスタッフが食べるという演出も。

「ここに来ているということは、説明無用ということで!」と言うと、「スクワットブンブン」では、会場全体で恒例のスクワット。眉村の振りを即座の対応力で楽しそうに真似をする観客たち。言わずもがな、眉村がその誰よりも楽しんでいるのだが。

ここで一旦幕が閉まると、その幕の前で即興ソングを歌いながらダンスを披露する眉村。だんだんと曲のメロディに近づいていき「ピッコロ虫」へ。再び幕が上がると、ステージには色とりどりの風船が落ちてくる。まるで、無邪気な子どもへ戻る合図のような光景だった。そこから、ライブの定番曲「奇跡・神の子・天才犬」では開場全体でウェーブをしたり、眉村がダイブをしたりと大盛り上がり。眉村も「もう終わりかと思うくらい! みんながいるから楽しいよー!」ととびきりの笑顔を見せた。

そこから、「私についてこいよ」、「緑のハイヒール」のアコースティックな楽曲から、歪んだギターが響く「あたかもガガ」と続ける。「おばあちゃんがサイドスロー」では、大量のサインボールを投げまくる眉村。曲の途中、電球がくくりつけられた衣装が虹色にピカピカと光ると、会場から大きな歓声が上がった。サインボールの投げ方は、サイドスローでは無かったことも触れておこう。


Photo by 樋口 涼

ギターのカッティングが響くファンキーな楽曲「ヘチマで体洗ってる」で、ヘチマの浮き輪が観客の上を飛び交い、気がつけばライブも終盤戦。新アルバム収録の「DEKI☆NAI」は、眉村らしい軽快なトラックに乗せて、当たり前のことができない日常の切なさを歌っている。「できない」と素直に歌うことで、完璧ではない私たちのそばに寄り添ってくれるようなそんな楽曲だ。そこから、機械的に歪ませた声が印象的なラヴソング「タイムスリッパー」を歌い上げると、「アンコールもあることですし」と笑みを浮かべ、会場を左右に分ける独自のアンコールの練習で盛り上がると、本編最後の楽曲「大丈夫」を披露し、ステージを降りた。

先ほど練習したアンコールが会場で巻き起こると、再び暗転。ステージ横のスクリーンにライブ前の寸劇で登場した居酒屋で合コンをしている(という設定の)眉村の映像が流れる。そして、ステージにバイト姿の眉村が登場すると、続く寸劇の中で、2月からの全国ツアー「CHIAKI MAYUMURA 2nd Tour 劇団オギャリズム」のファイナル公演が、4月3日に豊洲PITで開催されることが発表となった。これは、眉村ちあき史上最大キャパの会場でのライブとなる。

アンコール1曲目は「ナックルセンス」。先ほどのヘチマに乗って会場を周遊。そして、ヘチマに乗ったまま「ビバ☆青春☆トマト」へ。ミラーボールが会場を照らす中「本気のラブソング」を歌いライブが終わるかと思いきや、先ほどのアンコールが再び起こり、ダブルアンコールとして「メソ・ポタ・ミア」を披露。この日最大の盛り上がりを見せた。ステージを去る眉村には、会場から感謝の声と拍手が贈られた。


Photo by 樋口 涼

<イベント情報>

眉村ちあき
「ちのてきこえん! 第704回 渋谷編〜新春あけおめ☆アルバム『劇団オギャリズム』発売記念SP〜」


=セットリスト=
1. 顔面ファラウェイ
2. スーパードッグ・レオン
3. 壁見てる
4.なんだっけ?
5. チャーリー
6. 夏のラーメンワルツ
7. スクワットブンブン
8. ピッコロ虫
9. 奇跡・神の子・天才犬
10. 私についてこいよ
11. 緑のハイヒール
12. あたかもガガ
13. おばあちゃんがサイドスロー
14. ヘチマで体洗ってる
15. DEKI☆NAI
16. タイムスリッパー
17. 大丈夫

EN
1. ナックルセンス
2. ビバ☆青春☆トマト
3. 本気のラブソング

EN2
1. メソ・ポタ・ミア

あわせて読みたい

「アイドル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。