記事

ハリウッドザコシショウ、「地獄」のものまね100連発ライブ敢行

1/2
ハリウッドザコシショウによるものまね100連発イベントのシーズン3が開催された

ハリウッドザコシショウ(以下:ザコシ)による単独公演「ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ! SEASON3」が1月23日、東京・新宿シアターモリエールにて開催された。

「ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ」は、これまでも定期的に開催されており、過去の100連発ライブの様子はDVDとしてSEASON1、2が発売される恒例のイベントとなっている。今回もDVDとして発売されることが決まっており、収録ライブとして開催された。「R-1ぐらんぷり2016」では圧倒的得票差で優勝。さらに去年8月から東京・静岡・大阪3都市5公演で敢行した、毎夏恒例の単独ライブツアー「ハリウッドザコシショウのミニ単独ライブシリーズSEASON⑪ツアー珍棒」は全公演即完と、勢いにのるハリウッドザコシショウ。今回の「ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ! SEASON3」もチケットが即完売、ファンの期待の高さが感じられた。

当日会場前に着くと、チケットを持ったファンが長蛇の列を作っていた。入場後、筆者は後方に着席していたのだが、開演前には周囲の客が「(ハリウッドザコシショウの圧が強すぎて)ここの席がギリギリのデッドラインだよな」と冗談半分で囁く声も聞こえてくる。ハリウッドザコシショウのパワーと圧力のある定番ネタ「誇張しすぎた〇〇ものまね」の破壊力は、やはりファンからもお墨付きであることを感じた。同時に、これから始まる”ものまね100連発”という前人未到のフルマラソンへの怖いもの観たさのような期待値が高まる。


Photo by 大橋祐希


開演時刻になると、前説及びネタ間の繋ぎを担当するハリウッド軍団後輩芸人の錦鯉とキャプテン渡辺が登場。本番前にザコシが緊張による嗚咽が止まらなかった話など暴露し会場を笑いで温める。そして、紹介を受けてハリウッドザコシショウが登場。大きな拍手に迎えらえた第一声が「どうもー、Mr.マリックでーす」。オープニングトークに入る前から、Mr.マリックや『マネーの虎』に出演していた小林社長のものまねなど、全く脈絡のない角度からネタを披露し笑いを誘う。100連発が始まる前から待ちきれないほどに仕上がっている様子であった。「ものまね100連発SEASON1,2を観てくれた方ってどれくらいいます?」との質問に、会場の約半分弱しか挙手しなかったことに対して、ここでは書けないような言葉で罵倒するなどザコシ節が飛び交った。また、前回から約2年ぶりの開催ということで、これまでの2年間の出来事を振り返る。新年号が”珍棒”(ザコシの好きな定番の隠語)ではなかったことに対する遺憾や、ザコシのネタにも取り入れられる著名人への皮肉を言っては、わめき散らし始める。映像作品化したら、常に音声モザイクが必要ではないかと疑うほどザコシの世界観が全開であった。そして、定番の”儀式”を20分近く行なってから、「ものまね100連発なんて地獄ですよ!」と自ら豪語するものまね地獄への幕が上がった。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。