記事

「高望みしていない」と言いつつ年収600万を望む無謀

1/2

「婚活疲れ」に陥る人が後を絶たない。婚活事業を手掛ける有薗隼人氏は「誰かの後押しがないと決められない人が増えている。『今の婚活市場』では高望みになってしまう条件を前提にしている人が多い」という——。

※本稿は、有薗隼人『[婚活ビジネス]急成長のカラクリ』(扶桑社新書)の一部を再編集したものです。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/JNemchinova

結婚を決められない若者の心理

「ゆとり世代」と呼ばれる人たちには諸説ありますが、一般に、2002年度以降に小中学校に入学した世代、1987~1996年頃に生まれた人たち(現在、23~32歳くらいの人たち)を指すことが多いようです。ちょうど平成に差し掛かる頃に生まれた人たちのため、平成生まれ=ゆとり世代と捉える人も中にはいるのではないでしょうか。

もちろんすべてがそうとは言えませんが、この世代の特徴として、競争意識の低下や自主性の低下などが指摘されてきました。結果、仕事や恋愛において、優柔不断で決断ができない若者の増加につながっています。優柔不断な人の心理には3つの法則があります。

【優柔不断な人の心理 その1「決定回避の法則」】
ひとつ目が「決定回避の法則」です。これは、複数の選択肢が提示されると、どれが正しいのかを選択できないことを指します。例えば、デートでレストランに入ったとして、何を注文すればいいのかわからず、延々と悩んでしまうような人にあてはまります。相手によっては、そうしたはっきりしない様子を見てイライラさせてしまう場合もあるため、注意が必要です。

【優柔不断な人の心理 その2「現状維持の法則」】
2つ目が「現状維持の法則」です。多くの選択肢が与えられて迷いが生じたとき、新しいものを選択できず、結局これまでと同じ日常を選択してしまうことです。

【優柔不断な人の心理 その3「恐怖からの回避」】
そして3つ目が「恐怖からの回避」です。何かしらを選択しなければならない状況に陥ったとき、失敗するときのリスクを恐れて、「何も選ばない」という選択肢を取ることを示します。失敗することで、自分の価値が現状よりも下がると考えてしまうのでしょう。

「今の関係が楽だからこのままでいい」

実際、私が話を聞いてきた人たちの中には、何度デートを重ねていても、「今の関係が楽だからこのままでいい」「告白することでこの関係が崩れたらどうしよう」と、選択を避ける人たちが多くいました。

婚活における優柔不断は、これまでの人生で決断をしてこなかったことと欲のなさが大きく影響していると思います。幼い頃から社会人になるまで、自分でリスクを取ってなんらかの選択をするという経験をしていない人が多いのかもしれません。

一般的に小学校、中学校までは公立、途中で私立に入るとしても親の方針が大きく影響していることが多く、自分で進学先を決めることはないでしょう。

また、大学全入時代と言われる最近では大学も義務教育に近いものと捉えられているため、一定以上のレベルに達していれば大学に進学することが無難という風潮があります。

誰かに強い後押しを求めることも必要

一方で、進学校と呼ばれる学校では、高校卒業後に専門学校など職業に直結した進路を取るほうがリスキーだと反対されることもあります。選択の機会に恵まれずに育ってきた人が、大人になってから突然、人生を変える選択をできるのか。やはり難しいのではないでしょうか。

さらに、世の中の結婚しない男女に対するプレッシャーが少なくなってきていることも影響しています。「別に結婚しなくても生きていける」と考える人が増加しているのです。必死になって結婚しなくても現状維持で十分と考えているわけで、選択すること自体を避けてしまうのです。そういう人は、確かに無理に結婚せずともよいのかもしれません。

ただ、本音では誰かと結婚したいけど、優柔不断で決められないと悩んでいるのなら、誰かに後押しを求めることも必要ではないでしょうか。そうした時に結婚相談所の仲人さんもまた、強い味方になってくれるはずです。

草食系男子は婚活市場で不利なのか?

2009年頃から「草食系男子」という言葉が世の中に浸透していきました。草食系男子とは、恋愛にも出世にも消極的な男子を指した言葉で、何事にも貪欲な「肉食系」男子とは真逆の性質を持ちます。草食系男子は、現代日本の豊かな生活の産物で、欲しいものは何でも手に入る環境におかれていたため、物欲が極端に低くなったと言えます。

私の父親世代では子だくさんな家庭が多く、兄弟姉妹が複数いました。その結果、親もひとりの子どもにばかり構ってはいられないため、子どもたちは自分の事は自分でやらなければならず、必然と自主性が必要とされました。私も3人兄弟で、基本的には自分のことは自分でやるよう教えられてきました。

しかし、最近はひとりっ子が多く、親がなんでもやってあげてしまう傾向があります。自ら進んで何かをしようとする子どもは年々少なくなりました。そうした競争性や自主性の低下が草食系男子の生まれた要因となっているのでしょう。

ちなみに、草食系男子が登場する前後には、運動会でも順位をつけるのをやめようとする動きがあるなど、他者との優劣をつける環境も低下しています。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。