記事

徹底した〝秘密主義〟のベールに包まれる聖火リレー。「ふくしま実行委」の議事録ほぼ全面黒塗り。背景に組織委の意向

1/2
〝復興五輪〟の名の下、福島県内26の市町村で3月26日から行われる聖火リレー。TOKIOなど著名人も走って震災や津波、原発事故からの〝復興〟をPRするが、ルートやランナー選定など議論の過程は徹底した〝秘密主義〟のベールに包まれている。本紙は福島県に実行委の議事録の開示を求めたが、福島県は「組織委から『お願い』されている」として、各委員の発言をほぼ全て黒塗りにして開示した。議事録には、委員にメモや資料の持ち帰りも禁じているくだりもある。将来の全開示も組織委の意向次第。果たして誰のための、何のための聖火リレーなのか。


【「率直な意見交換損なう」】

 ほぼ黒塗りで開示されたのは、「東京2020オリンピック聖火リレーふくしま実行委員会」(以下、実行委)の第1回会議(2018年8月24日開催)から第8回会議(2020年1月23日開催)までの各回の議事録。

 A4判で83枚の文書が開示されたが、「審議内容のうち、東京2020オリンピック聖火リレーでの県内ルート案(ルート詳細を含む)、セレブレーション会場候補地、聖火ランナーの選定等に関する検討の経過および非公表の事項を類推できる内容」は「開示しない部分」として黒塗りにされた。

 そのため、どの回の議事録も、取材陣が退出を命じられるまでの冒頭部分(いわゆる〝頭撮り〟まで)の発言は開示されているものの、メディアを退出させた後の議論の中での各委員の発言はほとんどが黒塗り。誰がどんな発言をしたのか、聖火リレーのルートが最終決定されるまでにどのような候補が挙げられていたのか、聖火ランナーは他にどのような人やグループが候補となっていたのかなど、核心部分は全く分からない。

 別紙で示された「開示しない理由」は次の2点。

 ①「東京2020オリンピック聖火リレーの県内実施詳細等の審議、検討又は協議に関する情報であって、検討段階の情報を開示することにより、率直な意見交換若しくは意思決定の中立性が損なわれるおそれ、又は、不当に県民等に誤解や混乱を与えるおそれがあるため」

 ②「県の機関、国及び他の地方公共団体等が行う事務又は事業に関する情報であって、当該事務又は事業の性質上、開示することにより、当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるため」

 第1回会議では実行委の規約案も事務局から提示されている。しかし、規約第9条に「議事の内容及び資料は、非公開とする」と明記されているにもかかわらず、それに対する質問も異論も全く出ずに承認された。2018年11月16日に開かれた第2回会議以降は、会議終了後に配布資料を回収する事(会議次第や出席者名簿、座席票の持ち帰りは可)に加え、「情報管理の観点からメモ等もご遠慮くださいますよう、よろしくお願いいたします」と事務局が毎回注意している。

これまで8回開かれ、聖火リレーのルートやランナー選考について話し合ってきた「東京2020オリンピック聖火リレーふくしま実行委員会」。しかし、具体的な議論の中身はベールに包まれたままだ=2020年1月23日、福島県庁で撮影

あわせて読みたい

「聖火リレー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。